2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

« カーボンパーツ(アクセサリー) | トップページ | 地元の友人 »

2009年8月14日 (金)

修業その2(動の修行2)

動の修行の紹介です。それは、山岳修業です。平たく言うと

登山修業ですね。

上る山は、奈良県の中央にある”大峰山”

大峰山=山上ヶ岳(1719m)は2004年に熊野古道が

世界遺産に登録された際、これの主要な史跡のひとつとして

大峰山もまた世界遺産へ登録された山岳修業の霊山です。

0814_1_2

宗教上の理由で”女人禁制”(1300年の歴史がある)

このご時世だからこそ今でもこう言う規律があってしかるべきだsign01

まぁ~自分が山伏としての少なからずのプライドがあるから

こう言うことに賛同しているのかな?

0814_2

下山した時にこの山門の前で遊んでるカップルがいたなぁ~

周りのおっさんたちもからかって『入っちゃえば?』て煽って

その女も、山門から一歩足を中に入れてやがったannoy

こう言う輩が増えるから、一概に世界遺産登録するのが

賛成できんのだよなぁ~・・・

ここはあくまでも修業の場であるし、登山する者も最低限の

モラルを持つべき。

0814_3

ほぼ中間地点にある”お助け水”と言う湧水です。

ここで、水分補給と休憩をとります。

私の山駈スピードは遅くはなく登山開始から1時間掛らないで

ここまできます。しかしsign01ここからがホントに疲れるsweat02

0814_4

こんな階段が何ヶ所もあり、一段一段がたかいcrying

股関節と足首が悲鳴をあげてます・・・

ここ数年で、登頂時刻が20~30分ほど遅くなっているのは

やはり年だから?運動不足だからか?あ!両方かshock

Nisinonozoki1

西の覗き(上の写真)・・・崖から縄一本で吊るされる業。

見ず知らずのおっちゃんに、命を預けないといけない・・・

その他、荒業が数か所に設置されています。

大峰山入峯は平成2年(途中ブランクがありますが)

ほぼ毎年1回は入峯し修業に行ってます。しかし、山頂まで行くだけ。

折をみてまたこの荒業を一から行いたいものです。

いつかきっと・・・

小学生の時、”オトン”に無理やり連れて行かれた大峰山ですが

今では、良い場所に連れて来てもらったと感謝してます。

« カーボンパーツ(アクセサリー) | トップページ | 地元の友人 »

修行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カーボンパーツ(アクセサリー) | トップページ | 地元の友人 »