2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

戦利品?

ボローニャにてアジアンフードのお店を発見eye
中国系の家族が経営していた。扱っている商品は
アジアの各国別に分れているような感じです。
入ってすぐの棚には日本の食材が並べてあったhappy01イタリアでは
以前は中華料理が人気だったみたいですが
今は日本食が人気です。

Photo
中国に出回っている【出前一丁】を日本人がイタリアで購入sweat02

おかしな方程式sign02

Photo_2 
味噌と豆腐も購入scissorsこれで味噌汁が作れます。

Photo_3 
本物の生姜をようやく手に入れることができたhappy02
実は以前スーパーで生姜を買ったつもりが実は・・・

”菊芋”なるものでした。初めて聞いた名前です。
調べると、日本でも秘かにブーム?健康に良いそうですね。

Photo_7 

これ、どっちが”生姜”でどっちが”菊芋”か分かりますか?
左側の2つが”菊芋”右側の2つが”生姜”です。

見分けがつかないのです・・・

菊芋だけが置いてあると、生姜だと思ってしまうぐらい似てる。

菊芋を切っても生姜のニオイがしないsign01
『すってみたらニオイがするかも?』・・・全くニオイがしない

『なんじゃこりゃ~』

で初めてレシートに書いてある文字を辞書で調べると・・・sweat02
欲しかった”生姜”の文字は出てこなかったと言うわけです。

Photo_5 

こちらは家の近くにあるナチュラルフード専門のお店で買った
大豆加工食品です。ベジタリアン(精進料理)の時にも
良く使ってました。

Photo_6 

11/29(日)の昼食。プリモには味噌汁を作りました。がsign01
味噌は何とも薄っぺらい味でした・・・具には先程の”菊芋”使用

2 

セコンドには冷凍のフィッシュフライ(タルタルソース入り)

2009年11月29日 (日)

Bolognaの紹介_2

Bolognaの紹介つづきです。

ボローニャに限った事ではありませんが街はクリスマスの準備に

入ってます。街の至る所に飾りつけがあったり、

家の飾り付け用のグッズが売られていたりと

賑わいを見せています。

_1

【Buon Natale!】メリークリスマス!

_2_2

こんな感じのお店(クリスマス飾り付けグッズ専門店)がある

こと自体が不思議と言うか、新鮮ですeye

_3

Photo_12

変わって、こちらは毎週金・土曜日に広場で行われている

メルカートです。安いです dollar

運が良いと、とんでもなく良質な商品に巡り合えるかも知れません

2

私は人ゴミが嫌いなので長時間歩いて見て回るのはキツイ

1 

2_2

別の広場では期間限定のお店(ログハウス)が出ていました。

この期間だけの為に建てたんでしょうね・・・・

Photo_14

その横の広場には、これまた期間限定のスケートリンク

さっそく子供たちが遊んでいました。

のんびりしててホッとします・・・

2_3

ボローニャ・チェントロ近辺の裏路地に入った所に靴屋さん発見

Photo_13

日本ではなかなか見れない色使いの革靴がそそられます

あぁ~欲しいhappy01

3

工房内を見せてもらい、写真の許可も取って撮影

お兄さん達ちょっと嬉しそうでしたhappy01

詳しくはこちらのURLからどうぞ

最近、革製品に魅了されてます・・・帰国するまでに何か

お気に入りの皮製品をお土産に欲しいものです。

さて、ボローニャへまた行ったら紹介をします。Ciao!

Bolognaの紹介

Photo_11

up『オイースsign01』・・・ダレ???この人

11/28(土)相変わらず天気がはっきりとしませんsad

せっかくの土曜日なので今日はお隣の街【Bologna】へ行ってきた

ボローニャと言えば?サッカー元日本代表の中田 英寿選手が

ボローニャチームに在籍していたことで一気に日本での

知名度が上昇したのでは?

あとは、パスタのミートソースでしょうか?

こちらではミートソースのことを『ボロネーゼ』と言います。

【Spaghetti alla Bolognese】

Photo_4 

【Fontana di Nettuno】

ネプチューンの噴水:ボローニャのシンボル的存在のひとつ

Photo_5

この槍の先端に見覚えありませんか???

こちらを参考に~

Photo_6

武田 久美子sign02貝殻が付着してますがsweat01

  Photo_7

【Basilica di San Petronio】

サン・ペトローニオ大聖堂

あと一歩のところで”イタリア最大の聖堂”になれたのに・・・

未完成の大聖堂なんです(まだ中には入ってませんsweat01

Photo_8 

Photo_9

【Torri degli Asinelli e Garisenda】

低い方の塔は”斜塔”なんですよeye

高い方は高さが100m近くあります。聞いた話なので詳しい

数値を知りませんgawk次回登る際に調べま~す。

Photo_10 

こちらはジャックさん?あれジャックラッセルテリアのミックス?

飼い主に、写真撮って良いかまでは聞いたが

おしゃべりするほどの語学力が無いので・・・撮影だけcamera

2009年11月27日 (金)

気分の晴れない日は・・・サボル!

11/25(水)相変わらずモデナは憂鬱な曇り空がつづく

はっきりしない天気mist気分もドンヨリしがちshock

私用でこの日は学校を休んだ。(理由はのちほど)

Bar3

散歩途中にモデナ中心街のBarにてCaffeで体を温める。

Bar2 

肌寒いのに外でお茶してますが、遠赤ストーブのおかげで

ポカポカと私にはちょうど良いぐらいhappy01

Photo_3

20分ほど休憩していたのですが、

嫁さんは寒さで限界だった様ですhappy02『早く動こうsign01

そして、中心街から外れたところへ自転車で移動です。

実は11/24(火)【合気道クラブモデナ】と言う体育館?クラブ?

で居合道の稽古が行われていた。ステイ先のSigに車を借りて

見学に行ってみたcardash

ステイ先の部屋や庭先では、刀を振る稽古ができないcrying

『思い切って入会するかsign03』でも一度は見学しておかないと・・・・

で、見学してみて改めて外国人の方が日本文化を学ぶ

姿に感動します。そして、入会金?使用料?稽古代?などを

受付で聞いてみた。

するとeye目ん玉飛び出るぐらい高いsign02撃沈・・・

24日は本当に見学で終わった。一晩嫁さんと考えて

『明日もう一度聞いてみよう!』

と言う事で、学校を休んでクラブに再度問い合わせに行った。

Photo 

ここは、【Parco Enzo Ferrari】の前にあるモニュメント

良く知りません・・・catfaceおそらくEnzo Ferrariに関係する場所?

この公園のすぐ近くに【Aikido club Modena】があります。

そこには昨夜の、ちょっと感じの悪い従業員ではなく

とても感じの良いおじさんがいた。

居合道の料金について聞いてみると、昨夜の話と違い

安い値段を言い渡された・・・

嫁さんと顔を見合わせて『入会手続きしよう』

『この日を逃すとこの値段では入会できない』

そんな心境でした・・・

Photo_2 

これが会員カードです。とりあえずは1ケ月の入会にした。

料金を払う時に『細かいのは要らないよ』って言ってくれた。

細かいのって言っても・・・トータル€10も引いてもらっていいの?

さすがオーナー?いやイタリア人?細かいこと気にしない。

2 

来週の稽古が楽しみです。

2009年11月24日 (火)

日本文化in北イタリア_2

書道教室のつづき

3 

今回は連れて来て頂いた娘さん”パトリツィア”の知り合いと言う事で、

特別に参加させて頂きました。

道具も場所も全て用意して頂きほんと感謝ですconfident

道具もこちらでは貴重だし高価な物だと思う・・・

紙一枚にしても皆さんの会費から購入しているものだと思うと

『いきなり日本人夫婦がやってきて、なんだ?あいつらは?』と

邪険にされるのかと思いきやsign03むしろ”ウエルカムhappy01”状態

今度は『一層ハードルが高くなった』と冷や汗がcoldsweats02・・・

4

恐らくは、日本から来てるので『さぞや習字は上手なんだろう』

と見物に来るは、来るはsweat01

私『すいません・・・習字より写仏の方が得意なんですが』

と、心の中で言い訳する。

その反面、心の叫びを悟られない様に平静を装って筆を走らせる。

すると、”マエストロ・Norio”がこう言ってくださった

『彼の方が(嫁さんに対して)手筋が良いね。

習字に向いているよ是非続けてみたらどうですか?』と。

先生またお世辞が上手いなぁ。

Photo 

こちらが”マエストロ・Norio.Nagayama”イタリアで20年間習字を指導。

彼のイタリア人弟子が日本での賞をいくつも受賞してるそうです。

そのマエストロから指導して頂いた中に、

『春夏秋冬』この文字の中には、ほとんどのテクニックが含まれている

とのこと。

ひたすら『春夏秋冬』を書いていました。

5

【春夏秋冬】以外にもいくつか教えて頂きました。

朝10時から夕方6時まで、ほぼ1日中習字漬けcatface

後半は疲れて集中力がなくなりマエストロNorioから

『あれ?どうしたの腕が落ちてきたねぇ~』って・・・・そりゃ疲れますよ。

しかし1日中付き合ってみたが、イタリア人には驚かされる。

おしゃべり好きのイタリア人のイメージが崩れましたcoldsweats02

皆さん真剣に書道してます。その反面、休憩時間は

しゃべるしゃべるhappy01

8

どうですか?この作品。日本人でもなかなか読めないかも?

ちゃんと言葉の意味を調べて書いているんですよ。

9

こちらが作者で建築設計事務所社長さん:フィリッポさん

車で会場まで乗せてくれた方です。

10

変わってこちらの方は、リカルドさん(空手のマスター)

日本人顔負けの日でした・・・・

2009年11月23日 (月)

日本文化in北イタリア

11/21(土)は、ひょんなことから書道教室に行くことになった。

ホストファミリーの娘さんが月に1回、書道教室に通っているので

『一緒に行こう!』って誘われました。最近イタリア語授業に

嫌気がしてきたので気晴らしに行ってみた。

車で移動すること20分。道中にはランボルギーニの工場&Museoが

あったhappy01

6

今回、車を出してくれたのは建築設計者で社長さん

車中での会話で、『何でイタリアに来たのか?』との質問になり

私は『イタリアの自動車会社で働いてみたい』と答えた。すると

『あぁ~いいねぇ!俺の娘はランボルギーニで働いてるぞ』だってさ

イタリアで逢う人、ほぼこんな感じの人が多いです・・・

出逢ったからと言って、そこから先に何かあるわけでは

無いのかも しれないが、何事も自分次第なんだろうなぁ。

そろそろアクション起こしてみようと思ってる。

『まだ語学が不十分』だからと言っているとチャンスを逃しそうだし。

11

で、到着したところは【体育館】です。そこには日本語が

いたるところにあった。ここは空手教室も実施されているそうです。

リカルド先生=松濤館流の空手の先生で少し日本語ができるhappy01

ボローニャで有名な先生だそうです。この地で40年間

空手を指導されているそうです。

私も空手(沖縄剛柔流)を習っていたことを告げ、暫し空手談話happy01

Photo

書道教室の生徒の中には空手生徒数人もいました。

(写ってる青年もその中の一人)

居合道もそうですが、日本の文化を外国人の方々が学びたいと

思うその気持ちに感動します。

故に『外に目を向けるだけでなく内側にも、もう少し違う目線で

見直す必要があるのではないかsign01』と感じた。

イタリアに来ている自分だからこそ

こう言う事が言えるだろうし、両方を見れる今の環境が自分には

必要だと思った。

12

【日本の精神でイタリアの風をしっかりと感じる】

つまり今を(イタリア)楽しむ・・・

最近では学校の授業も楽しくないし、帰っても宿題に追われるばかり

復習できない!予習できない!単語数を増やせない!と

かなり焦り始めていたが、楽しむことに専念しよう。

ある知り合いが以前こんな事を言っていた。

『日本車の技術は世界トップレベルだと思うが決してトップではない

トップレベルだがレースの世界ではなかなか勝てない』

『なぜ勝てないか?ではなくどんな違いがあるのかが知りたい』と

語学が不十分でも、せめてこの違いだけでもしっかりと答えられる

答えを持ち帰りたいと考えてる。それは私も同感だから・・・

2009年11月21日 (土)

Museo Ferrariラスト

Museo Ferrari最終回(やっと?coldsweats01

Photo_5 

2Fの展示フロアに上がるとそこにはsign03

エンツォ・フェラーリが展示してありました。

Photo_6

F40

【Ferrari F40

今から20余年前に 誕生したモデル。さすがに古さを感じます

F50 

【Ferrari F50】

公道を走るF1の異名を持つモデルです。

Fxx

【Ferrari FXX】

サーキット専用マシンで2億円もするマシン

Fxx_2 

Fxx_3

Fxx_4

公道を走ることが出来ない=滅多に見れる代物ではない

と言うことで見物客で賑わっていた

Photo_7 

恐らくMuseo Ferrari内には1時間ほどしかいなかったかな?

次回はもう少し時間をかけて訪れようと考えている。

また行くのか?って・・・

近いから何度でも行ける!これがモデナに住んでる特権ですね。

2009年11月20日 (金)

Museo Ferrari_3

Museo Ferrariの話がまだ続きます。

Photo

【Ferrari 575GTC】

個人的に好きなモデルの一台happy01販売された当初からなぜか?

気になる存在の車種です。

Gt

『マシンを思い描いた通りに造りたい』私の自動車に対する

根本はここにあると言えます。が・・・まだまだ修行が必要です。

Gt_2

写真の奥に見える係員に終始マークされっぱなしでしたsweat02

Photo_2

フェラーリが耐久レースに出場していた時のマシン【512M】

1970年代の耐久レースに出場していたそうです。

Photo_3

【458Italia】

これが新型のフェラーリeye

モデナ市内で一足早く見れたのはラッキーでした。   

458

やはり間近で見ると圧倒されますsweat01

Photo_4

そして同じ展示ルームには往年のフェラーリが展示してあるが、

時代の流れでしょうか・・・古さを感じます。

2009年11月19日 (木)

Museo Ferrari_2

Museo Ferrariの続きです。入口付近は全てF1一色

_5

お金を払ってF1のコクピットに乗り記念撮影できる様でした。

私は別の場所で既に体験済

_10

年式によってビミョーに形状が違いますが、F1のことは

よく知らないので、『へぇ~』と言うしかない・・・・

F1ファンならアツく語るんでしょうね~

_6

_11

周りにいた他の観光客が不思議そうに私を見ていました。

あまり撮影しない様な箇所を撮影していたから???

マニアックな所を撮影していたから?挙句の果てには

係員にまでマークされてしまいました・・・

マシンの足回り、フロアーやコクピット内など・・・

興味のあるところを撮影してただけなんですがsign01

_7

変わってこちらは往年のF1マシン

軽く流して見学終了。

_8 

_9 

この模型は、エンツォ・フェラーリがモデナの自社工場で

7人の従業員と共に自動車を製造していたと言う工場。

実は今住んでる家の近くにこの家があり、少し離れた場所には

フェラーリの博物館も存在します。近いうちに見学して紹介します。

2009年11月18日 (水)

Museo Ferrari

さあsign01いよいよやってきました【Galleria Ferrari】現地の人には

なぜか?【Museo Ferrari】と言った方が伝わりやすかったです。

Photo

【Museo Ferrari】

ゲート前でcamera

この奥で、若いイタリアねーちゃんに声をかけられました。

イタね:『フェラーリ運転しない?車見に来ない?』

私:・・・・(怪しい・・・)『今から博物館見に行くから後で』

イタね:『じゃ後でねCiao~』

フェラーリかぁ~。一度は運転してみたいなぁ。高いだろうなぁ・・・

_ 

チケット売り場で『学生です』って言いながら学生証見せると

若干安くチケットが買えたscissors

少しでも節約できるところは節約しないとね。

Photo_2

さすがに平日とあってお客が少ない。いや、いつもなのか?

_2

歴代のエンジンが展示してあります。

私:『どんなセンサー使ってるのかな~?』『ほほ~』

『溶接のビードは~?』っとマニアックな所を見て回ってます。

_3

_4

・・・どうも今日はPCの調子がよくないですgawk

つづきは明日にします。Ciao

2009年11月17日 (火)

Ferrari工場周辺を散策

バスに揺られること30分、前方にFerrariの工場群らしき建物

がいくつも見えてきたeye

工場のすぐ目の前にバス停留所があるのはさすがsign01

Photo

【Ferrari】

その筋ではよく見る光景です。これが工場の正門前です。

実際に目の当たりにすると以外にも”質素”でした。

(個人的意見ですので・・・)

2 

お昼の休憩前なのに中から続々と赤の制服を着た社員が

休憩に向かいます。家が近くの社員は車で家に一旦

帰宅してるみたいです。

3 

Photo_2 

正門前にはリストランテがあります。今日は一人なんで

ここで食事はしません。

次回二人で来た時の楽しみに取っておきますhappy01

Photo_3

【Ferrari store】

フェラーリグッズのお店です。今回は中に入っても見るだけ・・・

どうもここのお店は品薄状態です。ミラノにあるショップの方が

品数豊富の様です・・・噂通り。ただ、F1ファンやフェラーリファン

は【聖地】で購入したと言う満足感はあるのでしょう。

Photo_4

変わってここは【Zanasi】 と言うボディーショップ

Ferrari専門のボディー修理工場。残念ながら休憩中でした。

Photo_5 

ジル・ビルヌーブ像が交差点の一角に設置されてあります。

この交差点を右に曲がるとsign03

Photo_6 

【Fiorano】

フィオラノサーキットが現れます。Ferrari工場前よりも

フィオラノサーキット前の方が個人的に興奮しました。

2_2 

運が良ければテスト車両が拝めるかもしれません。

私が見た時は【458ITALIA】が走行中でした。

(なんで写真に撮ってない!)

F1_team 

ここはFerrari F1の工場前です。

もう一つの工場正門と違って警備が厳重な様に見えるのは

私だけでしょうか・・・?

この日はホントによく歩きました。

滞在時間は3:30で、17793歩・・・

お店に入って道を聞いて、看板を頼りにひたすら歩きまわる。

イタリア人と込み入った会話はまだ無理ですが、

質問に答えたり、質問したりと1ケ月前と比べモノにならないぐらい

イタリア語が少しは分かる様になっているんだなぁ~って

関心した。1ヶ月もいれば当たり前ですかね・・・

2009年11月16日 (月)

Museo Ferrari

11/13(金)突如【マラネロ】に行きたくなった。

学校をサボリ私だけマラネロに行くことにした。マラネロとは?

フェラーリの工場、博物館、サーキットのある”聖地”

家を出る時は嫁さんと一緒に出て、私だけ駅に向かった。

電車の駅とバスセンターは別の場所にある。

家に近いのは電車の駅なのだが、ここであらかじめキップを

購入しておけばバスセンターでキップ購入の順番待ちが必要ない。

バスキップ売り場に到着。

私:『すみません、フェラーリ博物館までの往復切符をください』

売:『英語話せる?』

私:『No・・・イタリア語少し・・・』

親切に紙に乗り場と時間を書いてくれた。しかもイタリア語で

説明をしてくれた。なんと親切なんでしょうhappy01

Photo

upこれがその時に書いてくれたメモ

Photo_2

バスのキップです。市内の一定区間内は€1.05

今回は少し遠出でバスで30分程走るので€2.40かかる。

バスの前方扉から乗り込むと目の前に刻印機が設置されている。

チケットを刻印機に挿入して、チケットが出てきたら引き抜く。

これで終わり。

今回がイタリアでの初バス乗車となりました。

Photo_3

ここがバスセンターです。

ここの【2番】乗り場からバスが発車します、がsign01

あと一歩のところで9:00のバスには乗ることが出来なかったcrying

Photo_4

次のバスは11:00出発・・・2時間も時間があるgawk

モデナ・中心街にでも行って時間を潰すことにした。

Photo_5

歩いてると前方にレスキュー車が見えたeye

『お!事故か?』野次馬になって見に行ってみた。

Photo_6

交通事故でした。周りは野次馬だらけでした。

隣にいたおじいちゃんと目があって、お互いに

『やっちゃったねぇ~』みたいなゼスチャーをした。

言葉が無くても意外と通じるもんだなぁ~wink

そして、また当てもない散歩に出掛けた。

病院?の前を通りがかった時チラシを配っている係員のおじさん

に声をかけられた。

おじさん:『ボンジョールノ。君イタリアーノ?』

私:『俺がイタリアーノ?No~ジャポネーゼ』

おじさん:『あっ!そうなのか・・・』

学校にいる日本人は中国人に見られる中、

私はイタリアーノに見られるらしい・・・

自分で言うけど『まっ!中国系の顔ではないな・・・』

スペインでも現地人に間違われたしなぁ~

観光客風には見えないのか?おかげでスリなどの心配はなしです。

周りに人が密集してるなぁ・・・めんどくさいなぁ・・・って思った時は

マスクを取り出します。すると不思議と徐々に周囲の人がいなくなります。

日本みたいに予防という意識がないため伝染病?と思うらしい。

効果絶大ですsign01

イタリアの公務員って・・・

前回のQuestura(警察)から1週間以上経過し、指定の日に再度

Questuraに訪れ滞在許可書の申請に行った。

前回、この警察署の言い分では

『まだあなた達の書類は届いていない』とのこと。

そして担当の”感じの悪いオバハン”が言うには

オバハン:『14:30に私の所にきなさい。』

私:『直接ここに?番号札は?』

オバハン:『いいから私の所へきなさい!』

その言い方にカチンimpactときた私は、わざと

私:『次回来る時はパスポートは要るのか?』

(ま、片言イタリア語ですがねぇ)

オバハン:嫌そうな顔して聞き直してきた(あぁ~?って感じで)

その顔見てさらにカチンときたsign01

『まぁ、とにかくここに来たらええねんやろが!』風に一応は

言ってみた。そして問題のこの日、担当の”オバハン”いません・・・

14:00に着き念のために整理券をもらっておく。

14:30になってもまだ問題のオバハン来ませんsign01

15:00前にやっと現れて、すぐにオバハンの所へ行き、前回の

書類を見せた。

オバハン:『番号は?』おまえ、自分で言うたこと忘れんな!

って思いながら、番号札取っておいて良かったと内心思った。

そして、オバハンは仕事に戻らずにいつも受付にいる男と

楽しそうに喋ってる。

みんな、、、待っているんだけど?何十人も待ちぼうけ。

そんなのおかまいなしに仕事をさぼり、

おしゃべりをし煙草を吸いに外に出て、

またおしゃべりに夢中。

窓口に戻ることはなかった・・・

進み具合が悪いので、恐らく自分たちが呼ばれるまで

1時間以上掛ると思い、

近くのショッピングセンターで買い物してから再度、

窓口の電光掲示板を覗こうと考えた。

そして1時間後に訪れると、自分達の番号が呼ばれるまで

あと4人だったgood

あのオバハン。。。まだ窓口に戻っていない・・・

順番が来た!優しそうなおじさんでホッ。

最初に嫁さんが申請して、指紋まで取って順調に終了happy01

私の番です。

担当のおじさんが書類を探して帰ってきたが、

警:『君のはここには無い。』

私:『夫婦で一緒に出した!書類も全部揃えて郵便局から出した』

警:『OK分かった。でも無いんだよ』

警:『オリジナルはどこにある?家にあるかい?』

私:『家にある!』

警:『今すぐ持ってきなさい。すぐに!』

あぁ~sign02腑に落ちないけど仕方が無いから、一旦家に帰り

パスポートほかカードのコピー類を持ってまた警察署まで・・・

Photo_10 

担当になったおじさんは親切な方だった。

書類とパスポートを渡しコピーもおじさんが自分で取ってくれた。

ちなみに前回は、自分たちでコピーさせられた。

警:『10分待って』だって。

どうやら滞在許可申請を進めてくれるらしい・・・

申請に必要な書類が郵便局から届いてないのに?

申請できるんだ?ちょっとビックリです。

『ホントは自分たちで無くしてるんじゃないのか?』と疑いたくなる。

イタリアの郵便事情で無くなることは日常茶飯事だそうです。がsign01

個人情報の書類を無くすのはどうなんですか?イタリア人?よ?

2009年11月15日 (日)

モデナでの日本食パート2

11/10(火)のランチです。授業終わりに生徒達が連れ添って

リストランテやトラットリアへランチへ行く中、私達は自炊します。

節約にもなるし、現地の料理の勉強にもなる。

Photo

ミートソースにズッキーニを入れたソースで食べました。

Photo_2

【Paprika】

ランチが終わって1時間ほど休憩した後に、ディナーの準備です。

今日はホストファミリーに【日本食】をもてなす予定になっている。

イタリア人には日本のカレーが好評だと聞いたので

【カレー】と【鳥の唐揚げ】を作る。Photo_5 

カレーの下準備です。野菜をたっぷりと大きめに切り鍋に入れて

鳥の皮&骨も一緒に入れてじっくりと煮込んでいきます。

Photo_6 

【Pollo fritto】

カレーを煮込んでいる間に鳥の唐揚げの準備します。

料理酒が無いのでVino bianco(白ワイン)で代用です。

鶏肉に味を浸みこませている間に、Rizo(お米)を炊きます。

Photo_7 

Sig.raが帰宅する時間を見計らって唐揚げを揚げています。

Non 

今日は作務衣姿での調理ではありませんhappy01

二人で分担するので手早く準備ができます。

Photo_8 

前回の天婦羅を作った時に、うすうす感じたんですが、

今回の唐揚げで確信しましたsign01

イタリア人は?(うちのSigとSig.raは?)揚げものが

苦手だと言うことです。

油を大量に使って揚げる又は、揚げている時のニオイが苦手なんだと。

Photo_9 

【Curry】

Risoが苦手なSig。最初は『俺はRiso少しでいいから』って言ったけど

2回目のおかわりでRisoを自分からよそってたhappy01

『おいしい、おいしいsign01』連呼してました。この後、私が

『日本ではこのカレーを一晩寝かせると熟成されてもっと美味しくなる』

って事を伝えると・・・・Sigが鍋の中のカレーを見て、ガックリしてたsweat02

Sig:『オーsadもう無いじゃないか~』

私:『大丈夫、次回また作るから』

Sig:『よし、今度はもっと大きな鍋で、たくさん作ってくれ』

私:『D’accordosign01』(OK)

ホントに喜んでもらえて良かった。

『美味しく喜んで食べてもらいたい』の思いが通じたかな?

夫婦二人で力合わせれば、何でも上手く行くもんです。

2009年11月14日 (土)

モデナのスーパーマーケット

11/9(月)学校帰りに家の近くにあるCoopへ行き

自炊の為の食材を買いに行ってきました。

店内を少し紹介しますeye

Photo_2 

【Cavolfiore Romano】

カリフラワーだそうです・・・ちょっとグロイ

買いませんでしたけどねgawk

Photo_3 

【Clementine】

マンダリンオレンジ?って辞書で出てきたけどみかん?でしょ?

買って食べてみましたが、みかんでした。

Photo_4

【Macelleria】

肉屋さんです。Prosciutto crudo(生ハム)150g購入wink

Photo_10

【Salame】

パルマ産の生ハムです。€30するので買いません。高いsign01

いや、妥当な値段でしょうが貧乏留学生には高級品・・・

パスタ何日分買える事やらsad

Photo_5

【Bilancia】

自動秤です。購入する野菜などをビニール袋に入れて秤に乗せます。

次に食材の番号(絵が書いてある)のボタンを押す。

そして、

購入するグラム数に応じた値段の書いてあるシールが出てくる。

これをビニール袋に張っておわり。

非常に簡単なシステムです。

ただし素手で食材を袋に入れるのはNGsign01

Photo_6 

【Mi Piace Le Banane】

Photo_7 

パンも種類が豊富です。迷います。

Photo_8

モデナと言えば?バルサミコ酢です。

日本で購入した銘柄が同じものを買ってサラダなどにつけて

食べてますが、味が全く違いました。値段もねsweat02

種類にもよるでしょうが日本の1/3の値段で購入できます。

Photo_9 

【Fornaio】

パン屋さんです。ここでも種類豊富ですが、ホストファミリーの

Sig曰く、『ここで買うよりももっと美味しいところある』らしいです。

以前そんなことを言ってました。が、未だ案内されてませんけどね・・・

2009年11月13日 (金)

モデナ自炊生活開始

1ケ月のホームステイ生活が終わりました。と言ってもステイ先は

変更せず食事は自炊する。家のある場所は学校まで徒歩30分

の所にあり遠いし、他のアパートよりも若干(2万円ほど)高いが、

ステイ先の家族がとても親切だし、

ほぼ一軒家を貸してもらえているので環境がとても良いgood

環境の良さと、人の温かみを大事にしたいと思いステイ延長を

申し出たところ、快くOKしてくれた。ありがとう。

そして、日本で応援してくれてる家族にも感謝。ありがとう。

11/8(日)から本格的に自炊生活が始まりましたfuji

夫婦で準備するので日本にいた時と何ら変わりはありません。

食材以外はsign03

Photo

【Pranzo】

ランチには手軽に作れるトマトソースのパスタとレタスを準備。

一人当たりに掛った食事代は€0.6/\83

毎食当たりの食費を一人あたり€1/\137(換金レートがこれぐらい)

に抑えるように努力してる。

それでも十分美味しい料理を作れるので何の問題はない。

Photo_2 

Photo_3

【Maionese】

マヨネーズは日本の物よりもコクが無い感じでしたgawk

Photo_4

【Riso fritto】

夕飯は焼き飯を準備してみた。ここ1カ月は肉を口にすることが

多かったので、野菜だけのチャーハンを作った。

少しは胃を休めないといけません。

モデナの夕食

10/28(水)の夕食時の画像を紹介します。

Photo_28

【Apparecchiare la tavola】

Primo・Secondo・contornoと伝統的に食事が出されます。

イタリアに来てから体重が4kg増ですcoldsweats02

Photo_25

市販のタリアテッレを砕き、お湯の中に入れます。

Photo_27

出来あがったスープパスタ。喉の調子が良くない私を気遣って

スープパスタにしてくれた。優しい家族です。感謝

4_2

【Lasagna】

トマトソースと肉の絶妙な旨味がたまりません。

Sig.raは料理が上手です。料理した本人、ほぼ毎週水曜日に

映画館に行ってますmovie水曜日はレディースデーで安いのかな?

Photo_30

Photo_26

【Prosciutto crudo e Salame】

食後に必ず出されます。勧められてついつい食べてしまう。

Photo_29

【Lambrusco】

モデナ産の発泡性の赤ワイン。すっかり虜になりましたhappy01

モデナのリストランテ

10/27に学校帰りに入ったリストランテで、先生曰く

モデナで美味しいお店の一店だそうです。授業中に聞いたので

数人の生徒と一緒に行ってみた。

Photo_23

【Tagliatelle e Lasagna】

従業員の言うお勧めのランチをオーダーしてみた。

授業とステイ先のイタリア人家族のイタリア語を聞いていても

街でのイタリア語は早過ぎて聞き取りにくかった・・・惨敗です

2_2 

【Uovo fritto?】

卵焼き?みたいなものかな?

美味しかったけど個人的に食感がNGだった。

Photo_24

【Torta】

一緒に行った生徒は、私以外はみんな女性陣・・・

よってケーキが必須らしく一緒に頼まれた。しかも理由がsign01

『誰が食べる?誰が食べないとか聞くのが面倒だから・・・・』

食後のカフェも同様の理由から、飲まない人の分まで

出てきた。どうやら生徒の中にも既に

イタリア人感覚が芽生えているようです。

2009年11月12日 (木)

近所のCoopで買い物

近所のスーパーで買い物をしてきた時の画像です。

スーパー名は【Coop】どこかで聞いたことある名前delicious

Photo_11

【買ってきた品々】

手始めに程々の買い物をしてきた。

Photo_12 

【Mortadella】

Bologna産の太いソーセージです。€2.56/\350

んーちょっと高いかなsweat01・・・

Photo_13 

【Latte】

牛乳€1.1/\150

安い方かな?妥当な値段でしょうね。

Photo_14 

【Voiello】

日本では”幻のパスタ”と言われているVoielloのパスタnote

なんとsign01€1.08/\147です。日本では\500~¥600・・・

他のパスタが食べられないほど、このパスタは美味しいです。

Photo_16

【Tortellini】

パスタ生地の中に、野菜と肉の具が入ったパスタ。

€1.69/¥231

Photo_17

【Lancette】

小さいパスタでスープの中に入れてスープパスタの様に食べます。

€0.32/¥43。

Photo_18

【Tonno】

ツナ缶です。日本の物よりは中のオイルが多いです。

油ギッシュでした。€1.78/¥243

Photo_15 

【Pringles】

ちょっと口が寂しくなったんで、おやつにプリングルス買ってみた。

€2.03/¥278・・・sweat02もう買うのは止めます。

日本のようには買えないです。パスタや他の食材よりも高いsign03

嗜好品は高価なんですね~。

Photo_19

【Gomma da masticare】

チューイングガム €1.96/¥268sign03

購入日は10/24未だ食べてません・・・

高価なので大事にとってます。

Photo_20 

【Succo spremuta d’arancia】

オレンジジュース€1.15/¥157でした。

水ばかり飲んでるので、たまには別の物を・・・

嗜好品以外の食材は比較的安いので大助かりです。

おやつは買いませんweep

2009年11月11日 (水)

モデナの夕食

10/12(月)のステイ先での夕食です。

この家庭は伝統的なイタリア料理をもてなしてくれます。

primo、secondo、contornoと順番に料理が出てくるし最初は、

断り方を知らなかったので出される料理を全てたいらげていたgawk

Photo_8

【Tortelli】

パスタ生地の中に具が入っている(ほうれん草と肉を錬り込んだ物)

初めて食べました

Photo_7

【Polpettone】

イタリアンミートローフrestaurant

肉の塊です・・・肉食ですsweat01

オリーブオイルとローズマリーの香りがbene

せっかくイタリアに居るんだから土地の料理を楽しみます。

暫し精進料理はお休みcatface

ミラノでの食事2

10/10(土)ミラノ2泊目の夕食です。

前日と同じリストランテにて別のメニューに挑戦。

Photo_4

【Pizza Margherita】

お互いにオーダーした品を半分交換。

一度に二度美味しい。

Photo_5 

【Risotto alla pescatora】

ムール貝の臭味が強いように思えたが、味付けは

私にはちょうど良かった。

Photo_6

【Stuzzicadenti】

なぜ剣道なのか?この箱の中身の正体は・・・?

爪楊枝でした~。

2009年11月10日 (火)

ミラノでの食事

ミラノ到着日の夕食はホテルのおじさんに

『近くで、お勧めのリストランテは?』と尋ねたところ、本当に

近くのリストランテを紹介してくれた。

おじさん曰く『美味しいぞーhappy01

期待できそーですdog

Pizza 

【Grande Pizza】

店に入ると、中国人の店員さんが出迎えてくれた。

でもイタリアン・・・

まぁ~イタリア人から言わせれば日本も同じかな?

€5~6で安くて美味しい。おじさんの言ってた事はホントだった。

Photo

【Gli Spaghetti al Pomodoro】

このスパゲッティーも€5~6と比較的安かったです。

トマトソースに外れは無いかも・・・

Photo_3

【Contorno】

付け合わせのpaneです。

結構な量がありPizza、Spaghettiと合わせると

食べきれない量でした。

Photo_2

【Colazione】

ホテルの朝食です。Pane(パン)とCaffeのみです・・・

ちょっと寂し気がしますが、こちらではあまりガッツリと朝食は

食べないようです。

2009年11月 9日 (月)

最後の日本食Ver2&イタリアでの食事

10/8(木)の夕食が実質最後の食卓での食事になった。

最後までスーツケースへの荷物詰めに奮闘していたので

手軽に食べられる【おにぎり】をリクエスト。

_1 

【おにぎり】

あー、日本のお米が食べたくなってきた・・・

このおにぎりが最後の食事になった。

翌朝5:30に近くのバスセンターから成田へ向かった。

『離陸2時間前に空港に到着してチェックインも済ませ朝食を』

と考えていたのですが、チェックインカウンターで思わぬ誤算がsign01

荷物の重量オーバー・・・いつもなら23kg程度ならそのまま

スルーしてくれたのに、今回は新人さんだったためか

なんとsign03機内持ち込みの手荷物までも重量を計測され

加算されて、私達は唖然としてしまった・・・結果超過料金まで

徴収(¥36000)cryingこんなの初めてです。

新人さん・・・

『世の中規則通りにやると上手く回るものも回らなくなるのだよ』

これから要領を覚えてくださいな。

_1_3 

【スイスエアの機内食(ベジタリアンミール)】

ベジタリアンミールだと他の乗客よりも先に準備されることが

多いのだが、今回は同時に出された。

一見すると量は少ないですが腹もちは良いです。

_1_2

【昼食?間食】

ミラノ泊2日目の遅い昼食にスーパーで簡単な食料を買って

ホテルのバルコニーで食事。安ホテルなんで眺めは悪いけど

ホテルの主人はとても感じの言い方でした。

この時期はミラノで見本市が開催される為に駅周辺の大半の

ホテルは値が釣り上がるところ、今回利用したホテルは通常料金。

間食なんでこんな感じです。

2009年11月 8日 (日)

最後の日本食

内容がまたまた遡りますが、10/6の日本食をアップします。

親戚のおば様に日本を発つ前に食事を御馳走になりました。

Photo_8

【皿うどん】

一人で全て準備してくださいましたrestaurant

美味しかった~happy01

2_4

【野菜の炒め物】

3_2

【豆腐にベーコン?を巻いた・・・】

どうやって作るのか?帰国したら聞いてみたい

その時はまた、精進料理中止sign02

4

【煮卵と長いもの寒天】

長いもの寒天は初めて食べました。

Photo_9

【茄子の煮物?】

す、すいません食べるのに夢中で・・・全ての料理名があやふやsweat01

写真見て分かる人教えてください。レシピも。

6

【赤飯】

こんなに沢山の料理でもてなしてもらえて感謝。

ありがとうございました。

おば様の息子さん(長男)夫婦も只今、ドイツで生活中なんです。

御馳走さまでしたhappy01帰国したら嫁さんを料理修業におばさんの

ところへ出そうかな?

今思い出して、また食べたくなってきた。

本場のジェラートを堪能

Sigに教えてもらった”ジェラート屋さん”に行ってきた。

モデナ市内には何件ものジェラテリアがあるそうだが、

教えてもらったところは『種類が豊富で美味しくてsign01』と一押し

だそうです。

日中も寒くなってきたのでジェラートはどうかなぁ~coldsweats01

嫁さん行く気満々ですsweat02お腹弱いくせに・・・

2_3

【なかなかの品数です】

幅広い年齢層を見込んでか?豊富な品揃えです。

恐るべし・・・しかーしsign01これだけではありません。

3

【どれにしようか迷いますよ・・・】

恐らく50品近くあります。当然ですが全て味が異なります。

客泣かせもいいとこですcoldsweats01

Photo_7

【€2.00程度でlovely

€2ほどで3種類まで選べます。しかもコーンの奥の方まで

ジャラートを押し込んでくれます。

ちなみに、この写真撮影はちゃんと店員に断りをしてからの

撮影です。日本でもどこでも、ちゃんと断ってから撮影しないとね。

さぁ~お味の方は?

他店のジェラートを食べてないので比べようがないthink

しかし、文句なしの味です(上から目線で何様なんでしょう?)

嫁さんの方を見ると、何とも幸せそうに食べてます。

もっとも、この人は食べてる時が一番幸せなんでしょう・・・

休日のモデナ

先週の話ですが、日曜日のモデナ市内を散歩してみました。

朝9時から散歩開始です。

Photo_2 

【公園の中を散歩中】

先日、居合道の先輩剣士から写真付メールが送られてきました。

某公園のイチョウ並木?が色づいた様子でした。

こうして公園だけを見てるとモデナにいる事を忘れてしまいます。

日本の公園と大差ないですよ。

ゴミの少なさと、人の少なさを除けば・・・

Photo_6

【すっかり秋ですねぇ~】

2_2

【大量の落ち葉がcoldsweats01

もう諦めるしかないですね・・・落ち葉をはらっても

毎日のように続くんでしょうね~sweat01

Photo

【ポルシェ・カイエン】

このような高級車があちこちで見られるのも、モデナならでは

かもしれませんhappy01

Photo_3 

【ここにもポルシェがeye

確かにモデナは富裕層が多いです。自動車の価格帯も

日本とは違うでしょう(多少は安いと思うが)が、

アウディ、BMW、ベンツ、ポルシェ・・・どこの国も富裕層が乗る

自動車は同じです。

Photo_4 

【頑張れ日本車sign01

日本車もちょこちょこ頑張ってます。

Photo_5 

【オペル・コルサ】

日本では販売されない自動車です。

2 

【マフラーがgood~】

こう言う遊び心が好きですsign01

つい先日の学校に向かう途中で、真っ赤なフェラーリを見ました。

モデナだからフェラーリを目にするのは容易いのでしょうが、

今回のは違っていました。

新型のFerrari 458ITALIAでしたsign01カメラ準備する前に

走り去りました・・・残念。

Ferrari

2009年11月 4日 (水)

文法の授業中に・・・

昨日のQuestura(警察署)での出来事(不愉快な、おばはん)が

尾を引いてるのか?今朝は何か調子が出ないgawk

学校に行っても授業を受ける気がしなくて、

9時からのGrammaticale(文法)の授業を受ける態度も

今思えば最悪でした・・・自分でも反省think

もともとこの文法の先生(29歳の女性)は、私との相性が悪いと

思うからか余計に態度に出るのかも?

初級文法クラスは私達夫婦と、ドイツ人、ギリシャ人の4名。

ドイツ人以外は、ほとんど授業に着いて行くのが精一杯な感じ。

いつもドイツ人と先生は勝手に盛り上がって授業がそっちの

ペースで進んでしまうし、説明が抜けているのに先に

進んだりと、とにかくペースが速い。

そして、ついにsign01とうとうsign01出てしまいました。日本語が・・・

『はぁ?この女、何言ってるか全然わかんねーよannoy

逆切れもいいとこです・・・

この先生に日本語で文句を浴びせてやった。

一瞬シーンとして、恐らくそれは伝わったんでしょうね。

今日は、文法の授業は全く何をやったか覚えていない・・・

気を取り直して、会話の授業は楽しく受けてきましたscissors

文法の先生よりは、説明が分かりやすい。

文法で玉砕されていては悔しいので、これから集中的に

勉強するぞー!

2009年11月 3日 (火)

滞在許可書は?何処へ~

今日はQuestura(警察署)【イタリアの警察は4種類あるそうで、

任務ごとの警察の名称?が違う様です。】

Permesso(滞在許可書)を取りに行く日でしたので、授業が終わり

家で昼食をとり、Bicicletta(自転車)で警察署まで行ったbicycle

Questra

番号札をもらって待たされること2時間crying

ちなみに、待ち時間2時間は早い方です。

フィレンツェからの転校生?は8時間待たされたらしいです。

予約書、証明写真、パスポートetc窓口に提出。

担当のおばさんが、ちょーAntipatico(不愉快なやつ)でした。

マシンガンイタリア語で、聞き直すと嫌な顔するし

挙句に『今、ここには無いから11/11の14:30にまた来なさい』

2時間待たされて結局これか・・・

Sigにこの話をすると、

『明日、行ってあげるよ。知り合いがいるからgood

コネがあると結局何でもありなんでしょうか・・・?

話は変わりますが、警察署にも街中にも【中国系】の人々が

目立ちます。どこにでもいますなぁ~。

モデナで聞いた話ですが、中国人に間違われてるとお店に

行っても態度が違うらしいです。日本人だと分かった途端に

店員の態度が変わるそうです。それもどうかと思いますが、

中国人?アジア系?は評判悪い様ですね?

2009年11月 2日 (月)

パルマ_2

土曜日のパルマ観光つづき。

Photo_7

街はすっかり秋模様。日本はもう紅葉が始まってるのでしょうか?

Photo_8

観光ガイドブックの様な物が無く、パルマ市内の観光案内所で

もらった地図を頼りに街を散策しています。

さすがにパルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)とサラミの産地です。

ふつーに店先に置いてありますeye

Photo_9

歩き疲れたのでリストランテに入り昼食をと思い色んなお店を

見てみるもちょっとお高いですねぇ~sweat01

お店のウインドウに”すし”がディスプレイされていました。

お!こんなとこに日本食リストランテが?

下着屋さんでした。

Photo_10

何ですしが一緒に???意味不明デス。

Photo_11 

昼食はお手頃なところで食べましたが、大したことないので

コメントと写真はスルーさせて頂きます・・・

代わりに食後の口直しに入ったBAR?

ケーキ屋さん?でお茶しました。このシュークリームも大変美味しゅう

ございましたhappy01

Photo_12

私がオーダーしたのは【カプチーノ】

Photo_13

嫁さんがオーダーしたのは【チョコラッタ・コン・パンナ】

この日の為に、オーダーの仕方を練習してましたhappy01

Photo_14

この【塔】名前は知りませんが、

ビミョーに斜めってるの分かります・・・?

Photo

パルマで有名なお肉屋さんらしく、店内はお客さんで

ごった返してました。この手のお店に入った際は必ず整理券が

入口付近にあるので、整理券を持ったまま、

ひたすら順番が来るまで待ちます。街でのイタリア語は

早いので油断してると聞き逃してしまうので、自分の番号を

頭の中でイタリア語に直して復唱、復唱・・・

2

店内にはいたるところに、ぶら下がってます。

豚の足、脚、あしが~。良い香りします。

美味しそうですが、値段もお高いのでグラム単位で数種類

購入予定。よだれが出てきます。

まったく、修業はどうなってんでしょうねぇ~・・・・

Photo_2

プロシュット・クルード(生ハム)を200gとサラーメも200g購入。

何種類もある肉から選ぶのに悩みましたが、

例のごとく『また来て、今度は違う種類を買えば良い』と言うことで

話はまとまりました。近いからこそ言える事ですねぇ~

ん~、なんとも贅沢。

1

【ポリツィア】白バイと言うよりは駐在さんの自転車的な存在?

やはりイタリア国産【PIAGGIO】です。

Photo_3

18時頃にモデナに到着。歩き疲れましたがなぜか、先週末の

フィレンツェよりも満足してます。やはり人が少ないからかな?

家に着き夕食前のブレイクタイムcafe

昼食後に立ち寄った”ケーキ屋さん”で買っておいた

マロングラッセ&チョコ。チョコがひとつ無いのは食べながら

この写真を撮影したからgawk

2009年11月 1日 (日)

10月も終わりかぁ・・・

10/31(土)は同じクラスの日本人留学生と私達夫婦の3人で

パルマへと出かけた。モデナからは電車で僅か30分と近く

電車賃も4€ほどで手軽に行けます。

パルマと言えば?パルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)と

生ハムで有名です。がsign01私達の目的は、1060年~1073年に

造られたロマネスク様式のドゥオモと内壁のフレスコ画がお目当ての

ひとつです。

Photo 

【サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ協会】

1498年~1510年に建てられたルネサンス建築の教会です

Photo_2 

バロック様式の中庭があります。

Photo_3 

【この~木、何の木~♪】

広い中庭が二つもあります。

Photo_5

教会内の柱にはイエス・キリストの張付けまでの様子が

彫刻で表わされていました。欧州を訪れる度に、この様子を

目にしますが、胸が押しつぶされそうな気持ちになる・・・

クリスチャンでなくても、キリストの背負った十字架(試練)の

重さ?大きさに、ただただ目を背けてしまいます。

Photo_6

【教会内部】

外からの光も相まって、幻想的な空間でした。

Photo_4 

【ドゥオモ内】教会とドゥオモは別物なんですよ。

2

【ドゥオモ内壁のフレスコ画】

内壁全てにフレスコ画が描かれていて圧巻でした。

久しぶりの感動です。

日本の神社仏閣も素晴らしいですが、文化の違いですね・・・

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »