2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

Job Offer

3/29(月)また真冬に戻った様な寒さに加え
時折、強風が吹き荒れていますwobbly
引っ越しの疲れが今頃出てきたのか?予定の時間には起きられず
大寝坊ですsad予定を変更して体力回復の日にします・・・

PCを立ち上げメールチェックすると何やら怪しげな
メールが1通届いていましたmailto海外からのメールですが、タイトルが
【Job Offer】となっていたので、ドキドキしながらメールを開く。
内容は全て英文となっていました。
先ずは理解できる範囲で英文を訳してみるとeye
どうやら入社条件の様なものが書かれていました。
① 23歳以上・・・(ここはクリアしてますね。よしよしhappy01
② アメリカ合衆国に住居はありますか?・・・?
                    (無いけど、なんでアメリカ?)
その他にも14項目にも及ぶ条件が記載されていました。
送られてきたメールの会社名を調べると・・・
なんとアメリカのIT系企業からでしたthink

イタリアでメールを使って履歴書を送りまくった時にどこからか
漏れたのでしょうか?
糠喜びでしたcoldsweats01

日本での現実生活の為にも早く職に就かなければsign01
申請物などを終わらせ、日本でも就職活動をしなければthink
出来る事からコツコツとやっていきます。

2010年3月28日 (日)

新生活の準備中

3/27(土)新居へ引っ越しです。
朝から大忙しsweat01車には入るだけ荷物を搭載して
AM9:30出発し、AM10:00には不動産屋に鍵を取りに
行き、新居へ到着するなりご近所さんへ引越しの挨拶回り。
そして、ガス開栓の立会。しかし、ガス給湯器が故障とのことで
お湯が出ませんbearing
この後、不動産屋からの連絡で来て下さった
職人さんが確認して

『給湯器を丸ごと変えないといけないが、土曜日だから
部品が手配できないかもしれない』
とのことでした。
それでも、職人さんがあちこち電話して部品を手配して下さった
ようで、1時間後には無事にお湯が出るようになりましたhappy01

『また移動するかもしれない?』っと言う事で持ち込む
荷物は最低限の物にしましたが・・・そこはやはり二人分
の荷物なので、結構な量がありますsweat02
全部で6回のピストン輸送。
一応の形になったのはPM9:00でした。
さすがに疲れましたねぇ~shock

2006年から2010年までに、会社の引越しも合わせると
4回もの引っ越しを、そして過去合わせると合計8回の
引っ越しをしており相変わらずのジプシーっぷりが発揮され
ています。
私は慣れたものなんですが・・・
嫁さんの方がねぇsweat02動き悪ぅ~coldsweats02

明日は部屋の片付けをして気持ちよく月曜日を迎えたいものです。

2010年3月26日 (金)

我が家に帰宅

3/26(金)
先週日曜日から5日間、実家でのんびりと過ごしたので
久々の更新となります。
実家で親孝行っと思ったのですが・・・まぁcoldsweats01
私達夫婦の元気な顔を両親に見せ、一先ずは安心してもらった。
イタリアへ行った事で随分と心配を掛けていたと思うので、
安心してもらって、こちらとしても一安心ですconfident

そんな5日間も、あっsign01と言う間に終了sweat01
昨夜PM11:00に実家を出発し、良いペースで高速道路を北上car
途中寄り道をして、奥多摩御岳山の御岳神社へ初詣へ行く事に
しました。
御岳山麓に到着したのはAM7:00
_4
ケーブルカー乗車中に空からパラパラと雪が降ってきましたsnow
その後、みるみると激しく降り始めました。
_1
神主さんの話によると
『ここでは春の彼岸過ぎて雪が降ってもおかしくないですよ』
と仰っていました。
_2
何分ぐらいでしょうか?この時点での参拝客は私達夫婦だけ
でしたので、長く話し込んでいました。
その後、何度かお世話になったことのある宿坊へと足を運び宿の
ご主人に帰国した旨を報告しました。
1年ぶりの再会でした。

_3
昨日は気温がグンと低かったそうで【樹氷】が出来て
いたそうです。

私にとって山は実家と同じくらい落ち着く場所であり、リフレッシュ
できる場所ですhappy01
リフレッシュ完了。
さぁ~明日は新居へ引っ越しですsign01
まさに新生活の始まりです。1日1日を大事に過ごしたいと思います。

2010年3月22日 (月)

モデナ昔話

少し前の話ですが、モデナでアミーコと最後の散歩に
出かけた時の話です。
アパートの近くにある【Parco Enzo Ferrari】
前々から不思議でしたが、この公園は一体何なんでしょう?
その謎が解けましたwink
1
ただただ広い公園ですsweat01
グラウンドがあるわけでも無く広い広場だけが広がっています。
2
そして所々に歴代のライダーやドライバーの銅像があります。
この理由も後で『なるほど~』でした。

3
この公園の正体・・・その昔ここはサーキットだったそうです。
その名残がこの写真の建物だそうです。
建物の正体は、コントロールタワーeye
バードウォッチング用の建物だと思っていました。間違いです。
まさに知る人ぞ知る・・・ですね・・・公園にはそんな事はどこにも
記載されていませんからね。

私事、帰国して1週間になりますが時差ボケも治り
新居も決定し一先ず落ち着いたので只今、嫁と共に
私の実家に帰省しております。
両親にも心配を掛けている事ですし少しばかりの親孝行を・・・

2010年3月16日 (火)

錯覚

元々の勉強嫌いもありますが、イタリア語の習得には
かなり苦戦を強いられています。
そんな中で留学後半の2月辺りから、錯覚なんですが
ごく稀にイタリア語が日本語の様に耳に入ってくる事があるんです。
ちょっとしたフレーズですが、考えること無く理解できるんです。
一瞬ドキっとします・・・

この事を踏まえて就職活動中に、Piacenzaに出掛けた時の
事ですが、無事に履歴書の提出を済ませて駅の電光掲示板を
見上げていた時
私の後ろに数人の男性が立ち話をしていました。
その内容が日本語の様にスラスラと耳に入ってき、そして
言っている内容が全て分かるんです。

『今日は凄いな!イケてる!』と思い後ろを振り返ると
そこに立っていたのは・・・
日本人サラリーマンでしたcoldsweats02
そりゃー日本語だから耳にすんなり入ってきますわ~~~

その後、TVを見ている時、イタリア人と話している時、
一瞬だけですが考えなくても理解できることがあります。
少しづつ慣れてきた証でしょうか・・・?

2010年3月15日 (月)

日本へ帰国

3/15(月)朝10:30頃に成田へ無事到着しました。
フライト中は一睡もせず、映画、音楽で過ごしていました。
眠くなかったのですが、やはり成田に着いたころには
眠気に襲われましたsleepy

義母と嫁さんが空港で到着を待っていました。
顔を合わせるなり大笑いされましたcoldsweats02
あまりにも成田が温かく、そして荷物の多さで汗ダラダラsweat01
相変わらずの様子に一安心?

私は後部座席で本物の日本食を食べながら、そして久々の
日本の景色を見ながら楽チンで帰る。

空港から帰路に着きますが今日は確定申告最終日だと言う事で
帰国の足でそのまま手続きに行って参りました。
申告を終えた後は嫁さんと二人で家まで歩いて帰ることにして
新居の位置確認。
そう先に帰国した嫁さんが新居を探していてくれました。

1か月ぶりの夫婦の散歩happy01
この1ケ月にあった事やモデナに行き感じとったこと、
生き方などを話して『やっぱり感覚が似ている』ことを実感。

帰宅し部屋に入るなりスーツケースの紐を解きすぐに
片付けを始める。
スーツケースの中にから出てくる懐かし食材に嫁さんは
大興奮
『おぉーでかしたよ~happy01
『持って帰ってきてくれたの~』
っと。お土産らしい物と言えば
チューリッヒで買ったチョコレートぐらいです。

日本へ帰ってきて一番『便利が良いなぁ~』と感じたもの・・・
それは、何時間もインターネットを繋いだままでいれること
モデナで使っていたインターネットキーは1日に5時間まで€25
と言うシステムのキーでしたので、今は快適ですhappy01

さぁ明日から各方面の手続きや申請事を済ませていきます。
落ち着いたら1週間ほど里帰りしてきます。

2010年3月14日 (日)

イタリア最終日

3/14sunイタリア生活の最終日。只今マルペンサ空港ですairplane
AM6:50ホテルを出発し、マルペンサ空港行きの直行バスに
乗り7:00に出発。

Photo
あっ気なく出発です。昨夜は駅前で黄昏て一人の時間を
満喫しましたが、別れが惜しいとは思わない。また来るからhappy01

_2_3
8:00にマルペンサ第一ターミナルに到着して、2階の
チェックインカウンターで搭乗手続き。
英語で喋られたので『イタリア語でお願いします』っと sweat01
チェックインは出来たが『荷物はまだ預けられない』と言う事。
こんなの初めてですcoldsweats01

_2_4
9時頃にもう一度カウンターへ 行き荷物を預けます。
さぁ~荷物の追加料金はいくらなんでしょう・・・ちょっとドキドキ。

それでは、今度は帰国後に。

MASERATI

3/12(金)アミーコに助けてもらい履歴書を無事提出。
そのアミーコから『マセラティコルセにはもう出した?』と聞かれ
てっきり私は以前のアパート近くにある【MASERATI】の事だと
思っていたが、どうやら違うらしい。

_1_2
【MASERATI・REPARTO CORSE】
FIA GT参戦中のMASERATI MC12を製作する会社

_2_2
他にはカテゴリGT4の車両を製作している。

_3_2
ひょんなことから、MASERATIのレース部門に履歴書提出。
フロアは警備室で厳重に監視されていたけど
警備員は親切に陽気に対応happy01さすがにそこはイタリア人です。 
_4_2
ここでは係員に履歴書をチェックされました。
チェックし終えたらサインをします。(私が・・・)

こうしてイタリアでの就職活動の第一ステップを無事終えた
訳ですが、何事も経験ですが大事。ここから始まるのだと。

この記事は3/14(日)の朝に書きました。
これよりマルペンサ空港から日本へ帰国します。
このタイミングでイタリアへこれた事に凄く感謝しています。
応援してくれた家族そして、BLOGを読んで応援して下さる方々、
イタリアで就活サポートして下さった友人達に感謝です。
どれが欠けても自分一人の力では到底ここまで来れなかったし
イタリアでの行動の一つ一つに意味のあった事なんだと
感じとっています。
良い事ばかりがあったわけではありません。しかし、それも
私を成長させる為に必要な事だと感じています。

全ての事に感謝しています。
あーもう出発しなければ・・・

Pagani Automobili S.P.A (パガーニ)

3/12(金)最終日の授業&終了式?が終わり
生徒の大半は近くのBARへ行くようだったが、私には
その時間がない・・・最後の追い込みで就職活動を出来る範囲で
やることが残っている。

前日の3/11(木)雪が降るなか、以前にもご紹介した小さな街
【Castelfranco Emilia】←クリック
に再度訪れ履歴書を提出する予定の会社がここにある。
その会社とは?
【Pagani Automobili S.P.A】←クリック
_2

3/11に訪れた時はあと少しの所まで来ていたのに
会社には到着できなかった。なぜ?かと言うと、
地図を書いた手帳をまた忘れてしまったから。
3/10には『履歴書を忘れて取りに帰った』と言う失敗をしたので
履歴書だけに気を取られていたみたいです。

それでも大体の位置は頭に入っているので、また野生の感で
歩いて会社まで向かったのですが、会社へ
辿り着くまでの道がまだ整備されていない道を通る&雪で
通行が困難と言う事が重なり、空振りに終わりました。

こう言う時こそ行動に移さなければ!と言う事でアミーコに
電話すると
『明日一緒に行ってあげるよ!僕も見たい!』
と良い返事をもらえたので3/11は引き揚げました。

_1 
翌3/12(金)授業終わりにアミーコと合流しその足で
パガーニ本社へ出掛けました。
写真の門にあるインターホンで受付の方に
私:『履歴書を持った来ました。受取ってもらえますか?』
受:
『そこのポストに入れといて』

図々しく私は『中に入ることは出来ますか?』と尋ねてみた。
受:
『残念だけど入れないわよ』
ですよねぇ・・・機密もありますし。失礼しました~

_3
ショールームです。うっすらとZonda(ゾンダ) が展示されているのが
見えますか?見えませんね

_4
こうして履歴書を持ち込んでいる企業にはe-mailでも履歴書を
添付しています。履歴書ダブりは当たり前にOK!
持ち込めない様な遠い地域の会社(チーム)はe-mailのみ。
とにかく行動することが大事。
何せ、スタート地点に立たないと何も始まりませんから。
日本でもイタリアでも必ず縁のある会社に入ると信じている。
やりたい仕事のある会社に入り、自分の技術を磨いてきた。

後ろを見たり、立ち止っていては、先には行けないと考えている。
迷いがあるから周りを見ようと立ち止まる。
自身が無いから休憩しようと立ち止まる。正直なところ今でも私は
そうかもしれないです。
blogを読んで下さっている方々、知人からの
言葉で真摯に受け止める事もある。

凄く助けられ、励まされる言葉もある。
だから、前を向いて歩いている。そんな中で私のイタリアでの
生活(活動)記録を見て
『勇気を貰える』とか『君を応援しているよ!』
『勇気を出して行け』
と言うコメントを頂きました。
むしろ私の方が皆さんのおかげで
勇気を貰えています。これからもシンプルに暮らし
シンプルな人間で生きて行き、
前だけを向いて歩きますよ。
だから何度でも言います

『イタリアのレーシングチームで働く』と。
そしてその先にある、さらなる目標を達成する為に確実に
一歩づつ歩みます。

2010年3月13日 (土)

学校最終日です_2

3/12(金)
今日で5ヶ月間の留学生活が終わりました。
ほとんど、いきなりのイタリア語授業だった為に最初の頃は
授業中も『ポッカーン』としていた・・・
イタリア人によるイタリア語の授業に圧倒されてcoldsweats01
『着いていかなければ』と必死でしたが、途中からは
開き直りですcoldsweats01

元々の基礎部分が少なすぎる、それでも我々なりに出来る範囲で
頑張ってきたつもりです。
正直、不自由なく話せるかと言うと???
2

【最終日の授業風景】

イタリア人のアミーコと積極的に出掛けたり、店員さんとは
注文以外で些細な事を話す様に心がけた。
バス停で出逢った全く知らない人ともイタリア語で世間話を
してみるとか・・・努力はしました。
その結果、5ヶ月間と言う短期間でも
十分すぎる程に充実していたと思います。

『どこどこへ行ってきました』
『イタリアを周遊してきた』
などの話は無い。
エミリア・ロマーニャ州からほとんど出ていないので・・・
それでも十分充実してイタリア生活を送れました。
1_2
【上手く合成したもんだなぁ_1】(17歳の青年が撮影)

今日で終わるのは私と、スイス人のおじさん(上級クラス)と
同じクラスのノルウエェー人のお姉さん。
さすがに5ヶ月もいたので先生も少々寂しそう?
いやいやそんな事ないなcoldsweats01
しかし、ここに本来いるはずの嫁さんの姿がないsign03
それだけ存在感があったと言う事か?
2_2
【上手く合成したもんだなぁ_2】(17歳の青年が撮影)

簡単な終了式で【Certificato・(終了書)】をもらい終了。
その時の様子ですが、会話クラス担当の先生から

『あなたは奥さんと一緒にまたモデナに来るんでしょ?』
『モデナで働くんでしょ?祈っているわよ』
と言われて、
私は、うなずき一言
『magari(マガーリ)』
(そうであって欲しいのだが)の意

私から、この言葉で返事があったのが不思議?
たぶん『いつその言葉を覚えたの?』
って言う感じに見えました。
(何せ、学校ではしゃべれない状況が長かったので・・・)
一瞬の沈黙の後

『○○←(私の名前)いいわよ!』
と返された。
1_3
この言葉は、ある日立ち寄ったBARで習いました。
隣にいたイタリア人同士の会話のなかで
『magari』
たった一言だけど、なんだか相手をうなずかせる力のある
言葉だったのですぐに辞書で調べた。
それからは頻繁に使って覚えるようにしました。
学校以外のイタリア生活で覚えた単語で、生きた生活から学んだ
好きな言葉の一つです。

2_3
 
【注】抱きついている訳ではありませんよ

途中、学校が嫌になった事も確かにありました。
いや今でも嫌いかも・・・嫁さんも言っていましたが
モデナに来て
『イタリア語の勉強の仕方が分かった』
と言うのが成果かもしれません。
もちろん成果はそれ以外にもありますが、言葉にするのはsign01
難しいですね・・・

学校のカリキュラムには正直『ん』?と個人的には思いますが
そんな事を言ってもしょうがないです。
しかし、先生は良いです。
まぁ~一言『良いです』と言っても
これもまた漠然としていますが様は、私個人的には
仕事が好き、プライドを持っている、楽しんでいる(自分も生徒も)
これらを兼ね備えた人ですねconfident
どれをとってもマイナス要素はありませんから。
少なくともこの要素をもった先生に会話授業を受持ってもらえた事で
授業が楽しいと思えるようになりましたからねconfident

『日本で勉強してからいざイタリアへsign01と考えている方が
いらっしゃいましたら、
まずは短期でいきなり来てみるのもお勧めしますsign03
きっと何か掴んで帰国できますよ。
語学がもちろん出来る事にこしたことが無いのは事実ですが
経験も大事だと考えます。

苦労もありましたが、楽しくそして
素晴らしい留学生活を送れました。

今回は終了しましたが、まだイタリア生活も語学も始まったばかりsign03
語学はじっくり焦らずsign01コツコツ進めていきます。

GRAZIE MODENA! ARRIVEDERCI!

学校最終日です_1

3/12(金)sun77Kg・歩行数12234歩・消費カロリー460Kcal

1_4
学校に行く前に、ある方と逢う約束をドゥオモ前でしていたので
向かっている途中、何とsign01スト発見eye
2_4
【Sciopero(ストライキ)】があるのは以前から知っていた。
(バス停やバス内で掲示されていた)が何のストか?
知らなかった。実際に見ても分からなかったcoldsweats01
見物してるおじさんに聞いてみたけど、
4
『シンダコが何とか・・・』って言っていたけど良く分からないです。
3 
誰と逢ってきたのかと言うと、以前ここでご紹介させてもらった
【イタリア連帯の星騎士】青木純さん←クリック
ご厚意でモデナ在住の家族を紹介して頂きました。
お陰様で、嫁さんの夢が一つ叶ったわけです。
イタリア郷土料理を教えて貰ったのと、
お逢いできたことの感謝の気持ちにプレゼントを渡す為に
約束をしました。
ストライキの影響でSig.ra駐車場を探すのに時間がかかったそうです。
お呼び立てして申し訳ないですdespair
Photo
合流にBARで一服しました。
まず、なぜ嫁さんがいないのか?を聞かれましたcoldsweats01・・・
その他、モデナでの就職活動について話て
履歴書を見てもらいましたhappy01
Photo_2
Sig.raから帰り際に『前に逢った時よりイタリア語が分かる
様になったし、あなたも喋れる様になったわねhappy01

『また戻ってくるでしょ?何時?連絡しなさいよ』
ありがたいです。何とも言えない嬉しさがこみ上げて来ますhappy01

2010年3月12日 (金)

滞在許可書(permesso di soggiorno)

イタリアの滞在許可証の手続きから受け取りまで
申請から取得までの期間 : 2009.10~2010.1

モデナ滞在の私たちの場合ですが、手続きの手順はどこも
同じかもしれませんconfident
同じクエストゥーラ内でも受け取りまでの手順が違いますのでcoldsweats01
私たちの経験や友人の経験も交えて書いています。

【必要なもの】
収入印紙
発行手数料
送料

郵便局で滞在許可証を申請するためのキットをもらいます。
まず、郵便局(為替郵便局)の窓口へ行き整理券を取ります。
どの窓口の整理券かというとAMICO
のマークのついた
場所の整理券を取ります。

郵便局で貰った申請書類に必要事項を記入し、パスポートの
全ページのコピーやクレジットカードのコピーなど一式揃えます。

それからTABACCHERIAで収入印紙を購入します。
注意!!封筒は封をしないで郵便局に持って行きます。
窓口の局員が不備がないか確認をしてくれますので

窓口はと同じAMICOの窓口です。
整理券を取り順番を待ちます。ここで残りのお金を支払います。
窓口でクエストゥーラの予約日時が印刷された用紙と、
3枚つづりのホッチキスで留めた領収証?を貰いますので
どちらも大切に保管してくださいthink
クエストゥーラで提出することになります。

予約の日時にクエストゥーラへ行き、まずは整理券を取ります。

予約の時間が分刻みで書いてありますが、整理券順に
手続きをするので、早めに行って整理券を取ってもOKでした。
待ち時間はその時により違いますが、数時間待つことも多々
ありますので、時間を潰せる何かを持っている良いです。
ちなみにフィレンツェは8時間待ちだとかcoldsweats02
私たちは待ち時間に宿題をしたり、買い物に出たり
(近くにipercoopという大きなスーパーがあった)していました。
Photo

もしかしたら、郵便局から提出した申請一式を紛失され
『書類がないから今日は出来ない』←私の場合

別の人は、行った時間が遅い時間で『明日来て!』と言われる
ことがあったそうですcoldsweats02
その場で正式な予約をするわけじゃないので、
鵜呑みにして次の日(もしくは別の日)に行くと
『なぜ予約の日に来なかった?』となります。
そして、予約の取り直しをしてからまた来るようにと。
理不尽ですが自分の言ったことを当然忘れていますshock

もし上記のようなことがあったら『どこで予約を取るのか?』
を必ず確認することをお勧めします。
(地図を持っていればその場所に印をつけて
                   もらうことができるのでお勧めです)

私たちの場合、予約の場所は郵便局ではなくCOMUNEでした。
事務所も部署によって場所が分散されているので、
場所や部署を知らないと探すのも一苦労になりますbearing
1

もしくは、予約ではなく後日来れば良いのなら
そのことを書面に書いてもらいサインを貰うことがベストです。
私たちは
『書類が届いていないから○月○日○時○分に
私のところへ来なさい』
と言われたので、
用紙にも書いてもらい指定の日時に
行ったら本人は窓口不在でした。
(他の職員とずっとおしゃべりをしていました)
でも、書いてもらっていたので窓口の他の人に見せて
説明し事なきを得た感じです。(片言でしたが)

順番が来たら郵便局で渡された予約日時の
書かれた用紙とパスポート、写真など
(私達は念のため書類の予備を持って行きました)必要なもの
を窓口の人に渡します。

全ての指の指紋を取りちょっとした質疑応答
(初めての申請かどうかなど)があり終了です。
この時に、ペルメッソを受け取れる日時の書いた書類をもらうか、
もしくは自分で予約してから来なさいとなります。
自分で予約をする場合は、上記に書いたCOMUNEの‘と’ある部署
(何ていう部署か知りませんが)での予約でした。
私たちの場合は、クエストゥーラの人から
『1ヵ月後にCOMUNEに行き受け取りの予約をしてください』
と言われました。
1ヶ月後に指定された場所へ行き予約を取ろうとしましたが、
窓口の人に『ペルメッソがまだ出来ていないから』とのことで
1週間後にまた来るように言われました。
2

そして1週間後に無事クエストゥーラの予約を取ることが出来ました。

注意sign03郵便局でもらった3枚ホッチキスで留めた領収証
の様な紙は大切に持っていてください

ペルメッソの代わりの役目を果たすのか?
いわゆる『半券』と言われるものです。

受取日当日、必ず受け取れる保証もないので
(何が起こるかわからない)気長に待つつもりでクエストゥーラへ行き
宿題をしながら時間を潰しつつ順番を待ち、
ペルメッソが届いていないということも無く
無事に手続きが終了しました。

申請から3ヶ月目にして無事に手にすることが出来ました。

2010年3月11日 (木)

Scuderia Toro Rosso

3/10(木)Faenza(ファエンツァ)を訪れた本当の理由は
Scuderia Ferrari以外のイタリアF1チームに履歴書を
提出するため。そのチームとはconfident
Red Bul Recing(レッドブルレーシング)】
ジュニアチームである
Scuderia Toro Rosso
2_6

元はMINARDI(ミナルディ)と言うプライベータチームです。
ミナルディの万年財政難を克服した形が現在のチーム・・・
Red Bull・・・栄養ドリンクでよくここまで稼げるなぁ~coldsweats02
あらゆるスポーツのスポンサーですからねぇ。

3
さて、前日にチームファクトリ所在地をリサーチし手書きの簡単な
地図だけで現地に赴いたのですが
今思えば『行き当たりばったり』だなぁ~coldsweats01
途中で市内地図を念の為にもらいましたが、
使ったのはチェントロに行く為でした。


1_2
ファクトリの位置は大体頭の中に入っていたし
野生の感?でたどり着く事ができました。
この日は雪が降っていたのでタクシーで現地まで楽して
行こうかな?と思ったのですが、なんとタクシーが一台も
捕まりません。

雪だから?駅前にはタクシーが来ても電話予約が優先で
すぐにいなくなります。工場地帯なのでバスも無いわけです。
歩きです・・・

4_2
トホホcryingひたすら歩きました時間にして30分足らずですが
足元が悪いので長く感じました。
事務所のインターホンを押して履歴書を持ってきた事を
告げると『そこのポストに入れといて』意外とそっけない・・・
いやこれが普通の対応なのかも?

この日は天気が悪いことと、実は出発前にモデナ駅にて
列車を待っていた時に、ふと胸騒ぎがしてカバンの中を見るとsign01
『無いcoldsweats02履歴書がsign03肝心な物が無いのではお話になりません。
すぐに取りに帰りましたが、今日は行くのをやめようかと
考えた事もありましたが、『こんな時こそ行動を起こさなければ』
我に帰りました・・・油断するとすぐに楽な方へ行こうとします(反省)
これが出発の遅れた原因です・・・bearing
何はともあれ無事に目標を達成できました。

1_3
モデナに帰って来てからもまだ雪は降っていましたsnow
しかし、何なんでしょうねこの安堵感は・・・?
自宅に帰ってきた~って感じになります。
こう言っては何ですが
『やっぱりモデナが一番sign01

1_4
さて話は変わりますが、数年前からupこの手の滑り止めが
出回っています。 効果がどれほどなのか?
知りませんがお手軽で場所も取らなさそうでgood

2_5
そんなに雪が頻繁に降るわけではないので
街乗りにはこれで十分なのかも知れませんね。 
2_4

我がアパート前の通りの景色です。
この先にはだだっ広い公園があります。

こうしてイタリアで就職活動を実施していますが
今回、満足のいく結果が出なくても何かしら自分の中で
変化している事を信じる。
そして、何度でも挑戦する。何度でも言いますsign01
『イタリアの自動車業界(レーシングチーム)で働く』と。
F1チームで働く事が最終目標ではありません。ですが、
この先、自分が別の道を歩む時まで言い続けるでしょう。
自分の気が済むまで何度でも言います
『イタリアで働く』っと。

Faenza紹介_2

Faenza・ファエンツァの紹介続きです。

今回は、観光が目的で訪れた訳では無かったのでリサーチ
していないです。
街の地図も持っていないので途中の新聞屋さんで買う事にした。
しかし、おじさんが『これならお金は要らないよ』と市が配布
している地図をくれた。
優しいけど商売っ気の無い所がちょっと心配coldsweats01売らなくて良いの?

7
ファエンツァの中央広場を望みます。
お昼休みでお店のほとんどは休憩中・・・

8
到着した時間が悪かった。と言うか諸事情で出発が遅れた
事に原因がある・・・その事情とは次の機会に説明をsweat01

9
よってドゥオモ内も見学が出来なかった・・・
スミマセン(誰に誤ってんだろ?)

10
もらった地図には建物名が記載されていないのです・・・
なので何の建物かさっぱり分からずcrying
ホント観光でも何でもないです。
ふらーと寄っただけです。

Faenza紹介_1

3/10(水)snow77Kg・歩行数19054歩・消費カロリー679.2Kcal

昨日から小雪がチラつき時折吹雪いていました。
翌朝には御覧の通り一面銀世界です。
まだ降り続いていますsnow

Photo
雪の影響で列車は遅れています。
所々ノロノロ運転でさらに遅れています・・・

1
【Faenza・ファエンツァ】
通常なら、モデナから1時間でFaenzaに到着しますが今日は
2時間近く掛っての到着ですsad

2
Faenzaはエミリア・ロマーニャ州ラヴェンナ県 の
コムーネ(自治体)の一つ。
近隣には、過去に悲劇的なレースウィークを迎えた
イモラサーキットがあります・・・現在もコース改修中?
F1テスト走行は出来てもレース開催はされる事がないそうな。

4
さて暗い話は置いといてsweat01
ファエンツァは【マジョリカ陶器】で有名な街だそうですよsign01
知りませんでした。

5
嫁さんが一緒にいたら『欲しいsign01って絶対に言うな・・・
陶器の話はよく分からないのでこの辺で終わり(早)

6
この街出身の人で最近気になっている人
【Laura Pausini(ラウラ・パウジーニ)】
イタリア人女性歌手です。
イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、英語で歌う歌手karaoke
帰国前に買って帰ろう~

2010年3月10日 (水)

嫁さんへプレゼント

イタリアにも女性の日があります。
この日は男性が女性にミモザを送るそうです。
実は昨日がその日でした(3/8)

語学学校のクラスは、ほぼ全員が女性・・・
文法を受持つ先生が開口一番、
『お花はどこなの?』
この文法クラスの男性は、私と17歳の男の子とおじさんの3人だけ
と言うか、学校全体でも男性は秘書のカルロを合わせても4人。

変わって会話の授業を受持つ先生にも、
『今日は女性の日だから映画館もBARも半額になるわよ!』
っと確かそんな事を言っていたかな?
おまけに私には
『あなたはちゃんと奥さんにメールするのよ!』
なかば強制的・・・
さすがに花は送れないので嫁さんが欲しがっていたもので
手軽な物をプレゼントしよう!

Photo_3
パスタやピッツァをカットする道具。
嫁さんが探していたのは、取っ手部分が木で
歯がシングルのカッターでしたが、取っ手部分が木の物は
中々お店に置いていなかった。
チェントロだけでも4店舗当たってみて
ようやく取っ手が木のカッターを発見した。

2
歯が2枚付いているけど、これで我慢してもらおう・・・

色んなお店の店員に相談したが、
『今は取っ手部分がステンレスかプラスティックがほとんどよ』
『残念だけどあなたが探してる物はここにはないわ』
と言われる事が多かった。
十分魅力的な商品に出逢えました。
喜んでくれることでしょう。

帰国したらピザを焼いてもらおう。

via Emilia

3/9(火)snow77Kg・歩行数8427歩・消費カロリー324.3Kcal

授業の合間と授業終わりにモデナチェントロを横断する通り
【Via Emilia】を歩きながら撮影してみた。

1_4
一時帰国する事になるので、一応は見収めのつもりです。

2_4
朝から雪がチラついています。
同じころ日本でも雪が降っていたそうです。(嫁さんからメール)

3_3
モデナにもお洒落なお店が何件もあり、そして何回も目の前を
通っては眺めるだけで終わったものです・・・
そう言えば、嫁さんが帰国する時にミラノまで送りに行った時、
ミラノ市内には日本人の若い人たちを多く見かけました。
そして、大きな買い物袋を両手にもって次なるお店に向かって
行く光景を目にした。
何か新宿にいるみたいな錯覚を起こしたcoldsweats01
『あ~スリの標的にならなければいいが・・・』

4_3
さぁ~sweat01モデナの象徴の一つ【Aceto Balsamico】のお店
何十年物のバルサミコ酢はビックリする値段ですcoldsweats02

Photo_2
そしてもう一つのモデナの象徴【Duomo】
世界遺産です。この広場も世界遺産ですよ~。

1_5
塔は修復作業中です。いつ終わるか?の質問には
モデネーゼも『?』だそうです。

Photo_2
学校前のポンポーザ広場。
毎週火曜日にはメルカートがでます。
ここのメルカートは全てBio製品ですhappy01

当たり前の景色も帰国するとなると寂しいですweep
ありがとうモデナsign03ありがとうモデネーゼsign03
また帰ってくるけどbleah
その時はどんな形で帰ってくる事になるか楽しみです。

Castello di spezzano

3/7(日)Museo Ferrariのお次は周辺地域の散策です。
ソリエラ在住の青年はさすがこの辺りの地理に詳しい
彼の先導でお城に行く事になりました。

1_3
城と言うと物々しいイメージがありますが、ちょっと拍子抜け

2_3
中に入ると子供向けの工作授業?が丁度終わったところ。
塗り絵をしながら、おやつを食べていたそうです。

Photo
さすがお城の中です。暖炉や調理場は当時のまま使っている。
4_2
中世を舞台にした映画などで出てくる鳥の羽根の筆で、
アミーコ達が自分の名前を書いています。

3_2
そして手を洗っています。係員も雰囲気を出す為に
昔の衣装を身にまとっています。お疲れ様です・・・ 

5_2
作品がこれ。
ソリエラの青年以外は趣味で習字を習っているのですが
普段使い慣れた筆とは勝手が違うようですね。
それにしても、剣道、空手に書道と日本の文化が好きな人達で
良かったです。少しでも共通点があった方が会話も弾みますから。
最後に、記念にっ!と言う事で私に皆の名前が書いてある
この紙をプレゼントされました。
ありがとう!みんな!また来るけどね~。

2010年3月 9日 (火)

また?3回目です・・・

3/7(日)夕方より別のアミーコとマラネロで待ち合わせする事に
なっている。実はこのアミーコ達は【Museo Ferrari】
まだ行ったことが無いそうなので、
『じゃあいつか一緒に行こう』がこの日になったのです。
そう・・・私は
3回目の訪問です
1
またまた来ました。
それでも何回来ても良い所ですよ?興味のある人は・・・ですが。

4
ソリエラ在住の青年もかなり昔に行った事があるそうで
最近の車種も見学出来て喜んでいました。

2
それにしても【Museo Ferrari】見学料高いcoldsweats01
私は、学生証があるので割引になりますが
フェラーラとボローニャから来た友人たちは当然ですが
一般料金です。

3
ココだけしか知らなければ気にはならなかったのですが、
以前訪れた
【Museo STANGUELLINI】
【Museo DUCATI】
【Collezione Umberto Panini】(クリックしてください)
DUCATI社はイタリア語解説付きの工場見学まであり
料金が安かった。
他2か所のMuseoは無料ですからsweat01

5
世界に誇るF1チームであり、高級スポーツカーの会社なので
最低限の敷居は上げないといけないっと言うところでしょうか?
それでも休日の日曜日は家族連れや外国からの観光客が多い。
ここはさすがsign01と思いますね。

6
月曜日の今日、学校で同じクラスの学生さんと週末何をしたのか
お互いに話し合った。
この学生さん、実は定年退職されて趣味で留学されて
来たおじさん(スイス人)
この方もレース関係の仕事をされていたので、初日から
車の話で意気投合。

それぞれ違う言語で話し、それなりに会話が成立するのは面白い。
おじさんも土曜日にMuseo Ferrariに行ったそうですが

『俺はFerrariの旧車が好きなんだ!なのに新しい車
ばっかりで退屈だったよ・・・おまけに旧車ばかりの
博物館(おそらく個人のコレクション)も
閉まっていたよ!』
っと言っていた。
私はもう十分見学出来たので、この先数年は
行かなくてもいいかな?

1_2
しかしsign01実は今、新しい博物館を建設中なんですよsign02
イタリア語がちゃんと聞きとれていれば・・・ですが、場所は
MASERATI本社の目の前の空き地。
2_2 
以前のアパートと目と鼻の先。
完成までにあと何年かかることでしょう・・・

2010年3月 8日 (月)

イタリア郷土料理

3/7(日)rain77Kg・歩行数2504歩・消費カロリー125.6Kcal

ソリエラ在住の青年とお互いに簡単な料理を教え合う約束を
していたので、朝から準備中。
彼が【お好み焼き】を所望しているのでお好み焼きを作ります。
彼はマンマ直伝の【ニョッコフリット】を作ります。
ニョッコフリットって、この地方の(モデナ周辺)郷土料理?
たしかそんな風に聞いていますが・・・?
1
小麦粉の分量は聞いても『大体これぐらい』
ここは突っ込まない事にしましょうcoldsweats01
適量ってことで・・・

2
小麦粉を”富士山”  の様にもった後に”火山”を作ります。
あ!これは彼が言っていたんですよhappy01
その後、この写真の、【謎の液体】を少しずつ足しながら
小麦粉を混ぜて行きます。
【謎の液体】の正体は、水、牛乳、オリーブオイル、ドライイースト

3
私の分も合わせて、こんなに大きなボール状になりました。

4
麺棒で延ばしていっても良いのですが今日は時間もない事なので
機械を使いました。この機械は便利ですねhappy01
値段はそんなに高くなかった様に思います。25€ぐらいからあった
と思いますが、
買っても重いので日本には持って帰れませんね・・・coldsweats01

5
4段階に分けて順番に薄く延ばしていきます。
延ばした生地にホークの先で傷を付けていました。

6
お次は油で揚げます。簡単ですねhappy01

7
出来上がりです。大量のニョッコフリットsweat01
プロシュットなどのハムを挟んで食べると美味しいですが
すぐにお腹が一杯になります。
未だにキッチンには二皿のニョッコフリットが余っています・・・
明日のお昼ごはんです。

2010年3月 7日 (日)

イタリアから日本へ荷物を送る

3/5rain76.5Kg・歩行数974歩・消費カロリー45.6Kcal

1日中雨模様でした。時折大粒の雪も降りましたcrying
そんな中でも用事を済ませなければいけません。
帰国に際して5カ月間で増えた荷物を日本へ
送る為に仕分けしております。
スーツケースには到底入りきらないうえに、
嫁さんが諸事情で先に帰国しているのですが、置いていった
荷物も持ち帰ら無ければならないので、とても一人分の
スーツケースでは入りきらない。

郵便局に行き併設されているショップで段ボールを購入。
一番大きなサイズでも小さいです・・・
段ボール2個購入で7.40€だったかな?

1
これが購入した段ボールです。

2_2
箱の中にはシールが入っていました。
何をする為のシールかと言うのは、後ほど説明します。

3_2
一旦荷物を入れてみました。
コートを二着とイタリア語参考書などなど

4
もう少し入りそうだったのでファイルなどを追加しました。

5
箱には差出人と受取人を記入する欄がありますので
記入します。記入に関しては
【Mittente】(差出人)
Nome/名前
Indirizzo/住所
Citta/Modenaなど街の名前 ・ C.A.P/郵便番号
Telefono/ 電話番号

【Destinatario】(受取人)
こちらも要領は同じです。

6
さあ!荷物を詰め終わったら郵便局へ持ち込み、手続きをします。
番号札をとって順番を待ちます。
郵便局は昼休みがないので13時頃に持ち込んでも受け付けて
貰えます。ここで私が取った選択は、昼休みだから
大半の人は食事を取る為に外には出ていないのでは?
と考えあえて13時過ぎに郵便局へ行った。
結果は・・・ガラガラでした。

7
職員へ『この荷物を日本へ送りたいのですが、
船便でお願いします』
と伝えると、奥から用紙を用意。
記入方法の説明を受ける。
荷物はステンレスの台に乗せます。
すると重量が表示される。
今回の重量は13Kg→15Kgの枠内だから41.40€でした。

Photo_2
お次は用紙の記入方法についてですが、
1の枠には内容物を記入します。

2の枠には数量

3の枠には金額。使用済みの服や本、ノートですので
設定金額は低いです。

4の枠には合計金額を記入。¥で記入しました。

5の枠には手続きをした日付とサインを記入

8
蓋は最後まで締めない方が良いと思います。
もし、重量がオーバするようなら調整が必要でしょうし。
OKなら付属のシールで蓋に3か所貼り付けます。
これで手続きは終了です。

あとは1~2ヶ月後にこの箱がどんな形になって戻ってくるのか?
果たして手元に無事到着するのか?
ドキドキです。
モデナ郵便局の職員さんは対応が良いです。
いや?お客が少なかったから?たまたま?
色んな要素が含まれて今回も親切に対応して頂けました。
『ある学生さんはイタリア人って!ほんと働かない』って
言っていましたが、私はその言葉に『?』ですね。
正直イタリア人の前評判は悪かったです(日本での)しかし!
実際にモデナ市民を見ていると、必ずしもこの言葉は
当てはまらない。意外と(失礼ですね)働き者だと思いますよ。
モデナだからなのか?

Photo_3
話は変わりますが、帰りのバス停での話。
今日は珍しく、バスのチケットをチェックしていました。
私は最初乗った時点で2€払い1日有効なキップをバス内で
購入していたので問題ありません。今日だけでバスに4回
アパートと郵便局間を2往復しています。
バスの中に係員が乗り込み、乗客のキップを確認する光景を
初めてみました。
『チェックする時もあるんだ』と驚きました。
正直、『チェックに来ないから無賃乗車できる』 と思った事が
過去にありましたが、止めておいた方が良さそうですね。

2010年3月 6日 (土)

長くなった髪を切ろうと

3/4(木)もう半年も髪の毛を切っていないので切りたい。
だけどイタリアで切るのには少し戸惑いがありますcoldsweats01
他の方のblogや関連した記事で情報収集するも、あまり良い事が
書かれていない。

『オーダした通りのセットにならなかった』
『思っていたよりパーマがかかり過ぎた』

どうやら、日本人と欧州で髪質が違う事に原因があるようですね。
しかし、折角イタリアに長期で来ているのに美容院に行かないのは
何かもったいないように感じたので、行ってみる事にしました。
『失敗してもそれもお土産にしよう』っと

次にお店選びですが、学校の近くには何店舗もの美容室が
並んでますが、わざわざ行くのもなぁ・・・
そこで選んだお店はアパートから徒歩3分の所にある
スーパー(Coop)の中に美容室が入ってる。
以前から買い物帰りに中の様子をチェック済みscissors
っと言う事でお店は決まりました。

早速お店に入り、お客さんがいなかったが店員さんに
『予約は必要ですか?』っと聞いてみた。
『予約したいんだね?15:30からだったら開いてるよ』
『了解~じゃあまた後で』

再度お店に行き、さぁカットに入ります!
店員:
『どうする?切る?』
『オイオイいきなりかーい』
確かに伸びているので切ることは
間違いないですが・・・
するとヘヤカタログを持ってきてくれた。ちょっと安心confident
と言っても、イタリア人のモデルなので・・・かっこ良い

そもそも髪を梳く程度に考えていたけど、
せっかくだから切ってもらおう。気に入ったページを見せて
『こんな感じのセットにして下さい』
(気持ち的にはこう言っているつもり)

店員さんとも少しばかりの会話が成り立っていて
『あ、少しは進歩しているんだ!』と実感
中でも嬉しかったのは店員さんから掛けてもらった一言
『4ヶ月のイタリア語勉強でも君は良いよ!』
こんな感じの言葉を掛けてもらえました。
ありがたいです。
とてもそんなレベルではございませんthink
まだまだ聞きとれなくて感で答えていると、それが
たまたま当っていたと言うのが実のところです・・・

他には、例の如く『モデナには仕事?勉強?』っと聞かれる。
『勉強です。今は仕事探しています』
店員:『難しい?』とこんなやり取りをしながら
あっと言う間に終了です。早すぎる・・・手順はこう

① 髪の毛を洗う(日本と同じ)

② 髪の毛を切る

③ お客に確認してもらう

④ ヘヤスタイルを整える

⑤ 終わり
何か抜けてると思いませんか?

さはお披露目します。
Photo
さすがにモデルのようにはいかないですが、アリだと思います。
満足してます。
2
早速Skypeで嫁さんに報告すると
嫁:
『あ!いいね。何かイタリア人ぽくなった感じがする』
それは言いすぎだろ?
しかし確かに日本では見かけないセットかもしれない。
イタリア人に少しは近づけた?
3
おっと!最後にイタリア語で
髪の毛を梳くと言うのはSfoltire(スフォルティーレ)
この動詞を使って店員さんに伝えました。

2010年3月 5日 (金)

Formaggio

3/4(木)Collezione Umberto Paniniと同じ敷地内にある
チーズ工場の見学をしてきました。
正確には、チーズ工場の敷地内にある
Collezione Umberto Paniniと言うべきでしょう・・・
6_2
子牛くんです。おっかなびっくりの挙動不審状態coldsweats01
4ヶ月前の私の様ですhappy02

7_2
オートマチックな【乳搾り】
残念ながら作業は見学できませんでした。
なにせ早朝の5:30に作業するそうですから。

8_2
upやはり乳搾りの見学ができるのだと納得です。 
各国の言語で記載されています。
何個読めますか?

2_2
別棟の建物内には熟成中の【Formaggio】(チーズ)
が管理、保管されていました。圧巻ですねぇ~。

1_2
日本でいた時はチーズを好んで食べなかったですが
イタリアに来てから食べる様になりました。
フランス産チーズとは違って素朴な味だから食べやすいのでしょう。

3_2
おじさん?いや、おじいさんが一人で出荷の準備をされていました。
箱から出して焼印をしてまた箱に詰め直す・・・・
ココで一つ疑問が・・・なぜ?焼印をしてから箱に入れないのか?
・・・・焼印忘れたのかな?
4_2
一つ20kg以上はありそうな塊を一つ一つ自力で台に乗せ
焼印を押していました。

5_3
Formaggioの皮の部分には【D.O.P】の文字がしっかりと
刻印されていましたよ。
ではここで参考までにD.O.Pとは何か?
DOP・・・Denominazione d'Origine Protetta
       (保護指定原産地表示)

製品の原料が原産地に由来することを表しており、
生産地の気候や原材料の品質、生産方法など
その産地限定の製品であるという保証をしたもの。

他には【D.O.C 】と言う表示があります。
こちらはランブルスコやワインなどでよく見かけます。
DOC・・・Denominazione d’Origine Controllata
       (原産地統制名称)

Collezione Umberto Panini

3/4(木)rain77Kg・歩行数4966歩・消費カロリ224.1Kcal

またまたMuseo(博物館)へ行ってきましたscissors
今回訪れた所はMuseoと言うよりもCollezione(コレクション)
場所はチッタノーバと言うところ。
アパートから車で15分の所にあり非常に近いですが
車が無いと行けません。
今回もソリエラ在住の青年が連れて行ってくれました。


【Collezione Umberto Panini】

Photo
正面玄関の床にはモザイクで
【MASERATI】のロゴが配ってあります。

1
綺麗で迫力のある絵画が展示してあります。
こんな絵が欲しいな~

2
MASERATIの旧車がズラリと展示
最近の自動車では中々お目にかかれない流線形ボデーは
見応えあります。

3
フェラーリのエンブレム【カヴァリーノ・ランパンテ】(跳び馬)
イタリア空軍の撃墜王フランチェスコ・バラッカの飛行機に描かれ
ていたパーソナルマークだと言う事は分かってますが、では
なぜ?FERRARIに使われるようになったのか?の詳細は・・・
たしか、Ferrari家がカヴァリーノ・ランパンテのステンマ(家紋)を
譲ってもらった?ことから始まったとか?
いや、すみませんうろ覚えで書いてますが、確かそんな感じ
だった様な・・・

4
手作り感がうかがい知ることが出来るレーシングカー。
今考えるとゾッとしますshock燃料タンクが目の前にあります。
運転席内にあり何の隔壁も持たない・・・おぉ恐ろしいshock
5
ほとんど知らない初めて目にする車両ばかり・・・

6
なんと二階には沢山のバイクが展示?コレクションされていた。
7
展示フロアの広さはMuseo Lamborghiniと同じぐらいです。
ただやはり個人のコレクションなので演出は控えめですね。

8
今回もアミーコのおかげです。ありがとうhappy01

今回の留学では私ばかり楽しんでます。ごめんよ嫁さ~んbearing
次回も必ずモデナに来るからsign01次回はもっと色んなところに
観光へ行こう。

2010年3月 2日 (火)

Ancora Museo Lamborghini

3/1(月)sun77Kg・歩行数7830歩・消費カロリー303.9Kcal

語学学校の生徒(スペインの青年)とMuseo Lamborghiniに行く
計画を立てて過去2回は失敗に終わっていた。
学校が終わってから行くとなると、時間が限られている為に
見送ることになっていた。しかしsign01授業が終わり帰り支度中に
彼から『今日行く?』と尋ねられた。
特に予定無いし、まっ良いか・・・
約束したから行かないわけにはいかないしねぇ~。

バスセンターに行くと大学生や高校生でごった返していたcoldsweats02
今日は月始めと言う事で、定期券を購入する学生さんで一杯・・・
チケット買うのに待ち時間約20分。無事購入出来た。

Photo
っで、またまた来ましたcoldsweats01
今回のバス会社は私の知っている道を通るバスだったので
ヒヤヒヤすることは無く、簡単に到着。
(前回は、バスの乗り換えが必要だった。)

5
Museo内に入ると、前回から模様替えをしたようです。
そんなことまで分かるconfident通だねぇ~happy01

4
2Fの展示車両はあまり変わっていないようです。

前回の模様はコチラ
前回訪れた際に発見した、タイヤの空気が抜けていた車両は
今回しっかりと空気が入っていましたよ。

1
注:展示車両に触れない様にsign01
この車両好きだねぇ~(オールカーボンボディですよsign01
写真とは無関係ですが
Diablo(ランボルギーニの車種名)はスペイン語で【悪魔】の意
スペイン人の青年に教えてもらいました。

2
このポスターはユーモアがあると思いませんか?
ご老人は車(ランボ)が来るか確認した方が必要かもねぇ~。

3
さすがsign01ランボ・・・
ガルウイング式の門ですか。好きな人はホントにやってそうですね?

Photo_2
サンタアガタボロネーゼと言う街はこんなに小さな街です。
中央の四角い部分がチェントロですが
端から端までが約300m?
ホントに小さな街です。

Museoを訪れてスペイン人の青年もご満悦の様子でしたhappy01
彼に今後の予定を聞いてみたところ、
近い将来にミラノかボローニャの大学に行くそうです。
デザイン(確か建築)の勉強をしたいそうです。
その後は日本語を勉強したいって言っていた。
向上心のある青年で一緒にいて気持ちが良いです。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »