2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

花の小径

スペイン旅行4日目の日程は
コルドバ→ラ・マンチャ地方→トレド泊
P1020096
花の小道からメスキータを望む撮影スポットcamera
アンダルシア州コルドバ県にあるユダヤ人街の人気
観光スポット【花の小径】
P1020100
P1020101_2
白壁に花の鉢が飾られた観光スポット
静かな場所でしたよ~
P1020104
路地のあちこちには当たりまえの様に
オレンジの木が植えてあり実もちゃんと実っていますがsign01
食べるのはお薦めしません・・・
P1020110
【メスキータ】
モスクですがレコンキスタ後はキリスト教の聖堂となっています
P1020122 
イスラムとキリストの融合?いや改装ですなthink

 

2010年11月29日 (月)

フラメンコショー

スペイン旅行3日目セビーリャ観光が終わって
宿泊先のコルドバまで、またまたバス移動(137Km)bus
P1020084
そして今回の旅のメインである(個人的に)フラメンコショーhappy01
タブラオにてお酒を楽しみながら
ギターにダンスも楽しめます。
P1020085
ギター奏者のお二人は親子です。
ダンスする方々も家族、親戚で代々続いているそうですよ~
P1020086
男性ダンサーの足技は圧巻でしたgood
ギターのおじさんもそのダンスを見て楽しそうに
演奏していたのを今でも思い出します。
P1020088
左端のおじさんに嫁さんは休憩時間に
話しかけられたそうです・・・
『日本人?東京!新宿!』どうやらゼスチャーからして

『俺、日本行った!新宿に行った!』みたいな感じだったそうです。
P1020092
日本にもタブラオあるから余裕できたら
行ってこよーhappy01

2010年11月28日 (日)

3日目ランチ

スペイン旅行3日目の食事の紹介
Cimg4099
3日目のランチ。セビリアで食べた
白身魚のグリル

Cimg4101
とっ・・・・これは何だったかなぁ~
4年前のことで忘れてますねぇsweat02
Photo
これは覚えてます。
かぼちゃのスープです。

スペイン料理を食べていて感じたことは
全体的に味がうすい・・・塩と醤油が欲しくなってくる
感じでしたが、それは普段塩分の取りすぎが原因かも?
いまスペインに行き同じ料理を食べると4年前とは違った
味に思えるのかなぁって思いますね。

塩分控えめにsign03

2010年11月27日 (土)

スペイン広場

3日目の次なる観光場所はスペイン広場
(Plaza de España)

P1020070
ここも観光客が少なくゆったりと観光できましたよ。

P1020072

offシーズンにスペイン観光して当たりだったかも?

P1020068
スペイン各県で起こった出来事が描写された
壁面タイル絵が あちこちに設置されています。
Photo
P1020071

P1020073
たぶんこのあたりの絵はレコンキスタを
表しているんだと思います。

セビーリャ観光

スペイン旅行3日目の行程は
ミハス→セビーリャ観光→コルドバ泊というスケジュール。
P1020066

ホテル・ミハスからバスで移動約213Kmの大移動です。
4時間ほどバスで移動ですが、運良く大型バスに乗っているのは
10人程度で車内はゆったり広々と使えました。
Photo_2
おまけにsign01
満開のひまわり畑も見ることができました。(ゴッホのひまわり)
12月で外は寒いのに、何回も来てる添乗員さんも驚いてた。
ある意味・・・・奇跡?

_2_2

セビーリャに到着し向かった先はセビーリャ大聖堂
とヒラルダの塔
1400年頃から建設が始まり、1600年頃に完成したそうです。

_3
ここセビーリャは闘牛やフラメンコの本場だそうです。
私事、フラメンコギター大好きなんですよねぇ~
聞くこと限定ですがsweat02将来的にはチャレンジしてみようと
考えていますが、いつになるかなぁ?

_1_2
大聖堂内
ここにはコロンブスの墓があり、嘘か本当か?
『コロンブスの左足の骨が納められている』って
言っていた様な・・・

P1020078
ヒラルダの塔から街を眺めたところ

P1020080
さすが闘牛の本場 ?たぶん闘牛場だと思いますが・・・
違うのかな?

そう言えば昔の話で、闘牛が行われた翌日には
その闘牛の肉が売られていたそうですよ。

2010年11月26日 (金)

スペイン2日目の夜

スペイン旅行2日目グラナダ観光からミハスに帰ってきて
夕飯まで時間があるので丘を散策
P1020054
ここミハスは白い壁の家々と地中海を臨めるのがgood
P1020057
白い景色に身を置くと心が洗われます。
汚れているとは思ってませんがcoldsweats01

_1
ホテル・ミハスでのディナーです。

Photo
こちらは朝食

美味しいパンで食べすぎた思い出が・・・・

2010年11月25日 (木)

スペイン料理

スペインと言えばsign01

_1
やっぱ、これだねぇ~note
パエリア

_2

ここでちょっと旅行の行程紹介。

1日目は成田→パリ経由マラガ着→ミハス泊

2日目はミハス観光→グラナダ観光(アルハンブラ宮殿)
→ミハス泊

と言うわけで2日目に食べたパエリアの紹介でした~。

2010年11月24日 (水)

アルハンブラ宮殿

写真データの整理をしていたらスペイン旅行の写真があったので
旅行ネタでアップしてみます。
新婚旅行で数年前にスペインに行った時の写真です。
アンダルシア州グラナダにある
アルハンブラ宮殿

P1020006
訪れたのは数年前の丁度この時期だったなぁ~

P1020022

P1020020
この水面に映る建物、綺麗ですが!水深が2mほどあります。
ガイドさん曰く『年に数人落ちる人がいる』そうでcoldsweats01

P1020004
カルロス5世宮殿の中には円形の野外音楽堂?みたいな
ところもあり3D音響効果抜群です。
手を叩いて音を出すと建物の全周から音が聞こえてきます。

P1020034
ここは、ライオンの中庭
たしか時計の役目もあると聞いたのですが・・・・
数年前の知識なのでうろ覚えです。

P1020050
この宮殿は、ほんとーに!広い!
いろんな時代に翻弄された?数々の宗教の影響を反映
された建物様式はある意味圧巻です。
悲しみに包まれた場所でもあるのかも?

P1020029
 

P1020032
鍾乳石飾りの天井で、名称は・・・
たぶんウィキペディアで探せば出てくるんじゃ~ないですかね?
興味ある方はそちらでお調べ下さい。

P1020011

宮殿の周りにある小高い丘がありますが、ここには
なんとsign01ジプシーが今でも住んでいるそうです。
丘の中腹辺りにポツンポツンとある白い部分がそうです。

P1020037
その眼下には近代的な街の存在もあります。

あー懐かしい・・・今日の昔話はこの辺で終わり。

2010年11月18日 (木)

Job@○○○

海外からのメールでタイトルがJob@○○○・・・.itのメールが
届きました。立て続けに2件もeye
『もしや!イタリアの自動車会社からのメールか?』
メールを開いてみると確かにイタリアの自動車会社やレーシング
チームからのメールだった。

ゆっくりと和訳しながら妄想しまくりですsweat01
『もう日本で新しい会社に入って仕事してるしなぁ~』
『ある意味安定させたいしなぁ~』
『オファーなんだったら考えても良いかなぁ~(上から目線)』

とまぁ、妄想は続きます・・・

で!実際のメール内容は?
どうやらHP内の採用ページシステムが新しくなり
応募する時はCVをアップロードして云々と言うことでした。
一斉メールだったことにちょっと残念・・・

2010年11月16日 (火)

実は・・・

突然ですがsign01しばらく記事をさぼっていた間に・・・

転職しました~

研修も終わり配属されて、はや1週間が経過しようとしています。
今はまだ残業しないで定時で帰宅しますが、精神的に疲れます。
通勤時間は前職の1/3sign01と言うと少し大げさかもしれないかも?
とにかく家から近くなりしかも希望の自動車業界で働いている。

不景気の影響をもろに受けている自動車業界ですが、部署や
職種によっては採用枠が徐々に増してきているところもあります。

前職は自動車業界とは関係が無かった業種ですが、自分の
技術の為、将来の為にと働いていたが
やっぱり自動車に携わりたい気持ちと、時同じくして
問題も起きてきたので、潮時だったのかもしれないと思い
転職を決意。

イタリアから帰国した時は、自動車業界には戻れなかったし
就職もなかなか決まらなかったが、決まる時は決まるもんだ~good

どんなにあがいても『ダメなときはダメ』しかし
こうして過去の生活で経験してきたこと(就職も含め)
全てに意味があって、導かれているのだと気づきますthink

その時々で自分が選んだ道や進みたい道があっても
天が良しとしなければ、どんなにあがいてもその道には行けず
別の道を用意される・・・
しかし、その道を歩むことで気づきや学びが得られる。
我慢や学びがあった分、天は新たな試練を与えたり
少しばかりの褒美をくれるのかな?
と思うことがある。まさしく
”人事を尽くして天命を待つ”
ではないでしょうか?
もっともこうして冷静に考えられるのも、我慢もしたし学びも
あり、少しばかりの褒美も貰えたからでしょう・・・

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »