2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

イタリア

2011年7月11日 (月)

ボローニャのアジアン食材店の場所ですが

コメントで問い合わせがありましたので、
遅ればせながら情報をば、

ボローニャで通ったことのある食材店の場所~

Photo
こんな絵で分かりますかねぇ~?

もし見つけられなかったらまた連絡頂けますか?

2010年7月22日 (木)

船便到着

おっと、このネタもかなーり前の事になりますがcoldsweats01
モデナより船便扱いで発送した荷物のその後の話し・・・

_1
御覧の通り無事に二つとも到着しています。
外観も思ったほど酷くなく、到着日も帰国してから数日後に
到着となかなか優秀でありますhappy01
以上、荷物の報告ネタでした~・・・

2010年7月20日 (火)

本格日本食~

先日PC内の写真を整理していると出てきたイタリア
関係の写真がありまだアップしていなかったので
記事にしてみました。

なんてことは無い、帰国後初の日本食

_1_2
帰国した日の夕食に近くのうどん屋さんにて。

_2
どう言うわけか???1ヶ月先に帰国してすでに日本食
漬けになっているはずの嫁さんまでも着いて来ました~dog

この時は日本食を口にして『ホッ』とした感がありましたが
今ではモデナで口にした味が恋しくなります。

2010年6月20日 (日)

はや3ヶ月経過しました・・・

6月20日(日)sun梅雨の中休みでしょうか?
週末は暑い日が続きましたね~。
昨日は仕事を休ませてもらい居合道の稽古に行って参りました。
2週間ぶりの稽古で道場の中は蒸し風呂状態coldsweats02
相変わらず私だけ”尋常じゃない量の汗”をかいていましたsweat01

さてハードディスク内の写真を整理していたら
まだアップしていない写真を見つけました。
イタリアから帰国する際の写真です。

_1
ミラノ・マルペンサ空港からスイス・チューリッヒ空港への
便に登場するところです。

_2
チューリッヒ上空を飛行中

_3
晴天でアルプスの山並みも望めましたhappy01
写真を見ていると懐かしくなってきた・・・

_4 
帰国して3ヶ月が経過してしまいましたが、もっと時間が経過
しているように感じます。
来週の日曜日にはモデナからイタリア人の友人が日本へ
やってきます。楽しみですhappy01
しかし、困った事に私は仕事で殆んどいないのであまり
相手をしてあげられないので、少し考えないといけませんねぇ・・・

2010年3月22日 (月)

モデナ昔話

少し前の話ですが、モデナでアミーコと最後の散歩に
出かけた時の話です。
アパートの近くにある【Parco Enzo Ferrari】
前々から不思議でしたが、この公園は一体何なんでしょう?
その謎が解けましたwink
1
ただただ広い公園ですsweat01
グラウンドがあるわけでも無く広い広場だけが広がっています。
2
そして所々に歴代のライダーやドライバーの銅像があります。
この理由も後で『なるほど~』でした。

3
この公園の正体・・・その昔ここはサーキットだったそうです。
その名残がこの写真の建物だそうです。
建物の正体は、コントロールタワーeye
バードウォッチング用の建物だと思っていました。間違いです。
まさに知る人ぞ知る・・・ですね・・・公園にはそんな事はどこにも
記載されていませんからね。

私事、帰国して1週間になりますが時差ボケも治り
新居も決定し一先ず落ち着いたので只今、嫁と共に
私の実家に帰省しております。
両親にも心配を掛けている事ですし少しばかりの親孝行を・・・

2010年3月16日 (火)

錯覚

元々の勉強嫌いもありますが、イタリア語の習得には
かなり苦戦を強いられています。
そんな中で留学後半の2月辺りから、錯覚なんですが
ごく稀にイタリア語が日本語の様に耳に入ってくる事があるんです。
ちょっとしたフレーズですが、考えること無く理解できるんです。
一瞬ドキっとします・・・

この事を踏まえて就職活動中に、Piacenzaに出掛けた時の
事ですが、無事に履歴書の提出を済ませて駅の電光掲示板を
見上げていた時
私の後ろに数人の男性が立ち話をしていました。
その内容が日本語の様にスラスラと耳に入ってき、そして
言っている内容が全て分かるんです。

『今日は凄いな!イケてる!』と思い後ろを振り返ると
そこに立っていたのは・・・
日本人サラリーマンでしたcoldsweats02
そりゃー日本語だから耳にすんなり入ってきますわ~~~

その後、TVを見ている時、イタリア人と話している時、
一瞬だけですが考えなくても理解できることがあります。
少しづつ慣れてきた証でしょうか・・・?

2010年3月14日 (日)

イタリア最終日

3/14sunイタリア生活の最終日。只今マルペンサ空港ですairplane
AM6:50ホテルを出発し、マルペンサ空港行きの直行バスに
乗り7:00に出発。

Photo
あっ気なく出発です。昨夜は駅前で黄昏て一人の時間を
満喫しましたが、別れが惜しいとは思わない。また来るからhappy01

_2_3
8:00にマルペンサ第一ターミナルに到着して、2階の
チェックインカウンターで搭乗手続き。
英語で喋られたので『イタリア語でお願いします』っと sweat01
チェックインは出来たが『荷物はまだ預けられない』と言う事。
こんなの初めてですcoldsweats01

_2_4
9時頃にもう一度カウンターへ 行き荷物を預けます。
さぁ~荷物の追加料金はいくらなんでしょう・・・ちょっとドキドキ。

それでは、今度は帰国後に。

2010年3月13日 (土)

学校最終日です_2

3/12(金)
今日で5ヶ月間の留学生活が終わりました。
ほとんど、いきなりのイタリア語授業だった為に最初の頃は
授業中も『ポッカーン』としていた・・・
イタリア人によるイタリア語の授業に圧倒されてcoldsweats01
『着いていかなければ』と必死でしたが、途中からは
開き直りですcoldsweats01

元々の基礎部分が少なすぎる、それでも我々なりに出来る範囲で
頑張ってきたつもりです。
正直、不自由なく話せるかと言うと???
2

【最終日の授業風景】

イタリア人のアミーコと積極的に出掛けたり、店員さんとは
注文以外で些細な事を話す様に心がけた。
バス停で出逢った全く知らない人ともイタリア語で世間話を
してみるとか・・・努力はしました。
その結果、5ヶ月間と言う短期間でも
十分すぎる程に充実していたと思います。

『どこどこへ行ってきました』
『イタリアを周遊してきた』
などの話は無い。
エミリア・ロマーニャ州からほとんど出ていないので・・・
それでも十分充実してイタリア生活を送れました。
1_2
【上手く合成したもんだなぁ_1】(17歳の青年が撮影)

今日で終わるのは私と、スイス人のおじさん(上級クラス)と
同じクラスのノルウエェー人のお姉さん。
さすがに5ヶ月もいたので先生も少々寂しそう?
いやいやそんな事ないなcoldsweats01
しかし、ここに本来いるはずの嫁さんの姿がないsign03
それだけ存在感があったと言う事か?
2_2
【上手く合成したもんだなぁ_2】(17歳の青年が撮影)

簡単な終了式で【Certificato・(終了書)】をもらい終了。
その時の様子ですが、会話クラス担当の先生から

『あなたは奥さんと一緒にまたモデナに来るんでしょ?』
『モデナで働くんでしょ?祈っているわよ』
と言われて、
私は、うなずき一言
『magari(マガーリ)』
(そうであって欲しいのだが)の意

私から、この言葉で返事があったのが不思議?
たぶん『いつその言葉を覚えたの?』
って言う感じに見えました。
(何せ、学校ではしゃべれない状況が長かったので・・・)
一瞬の沈黙の後

『○○←(私の名前)いいわよ!』
と返された。
1_3
この言葉は、ある日立ち寄ったBARで習いました。
隣にいたイタリア人同士の会話のなかで
『magari』
たった一言だけど、なんだか相手をうなずかせる力のある
言葉だったのですぐに辞書で調べた。
それからは頻繁に使って覚えるようにしました。
学校以外のイタリア生活で覚えた単語で、生きた生活から学んだ
好きな言葉の一つです。

2_3
 
【注】抱きついている訳ではありませんよ

途中、学校が嫌になった事も確かにありました。
いや今でも嫌いかも・・・嫁さんも言っていましたが
モデナに来て
『イタリア語の勉強の仕方が分かった』
と言うのが成果かもしれません。
もちろん成果はそれ以外にもありますが、言葉にするのはsign01
難しいですね・・・

学校のカリキュラムには正直『ん』?と個人的には思いますが
そんな事を言ってもしょうがないです。
しかし、先生は良いです。
まぁ~一言『良いです』と言っても
これもまた漠然としていますが様は、私個人的には
仕事が好き、プライドを持っている、楽しんでいる(自分も生徒も)
これらを兼ね備えた人ですねconfident
どれをとってもマイナス要素はありませんから。
少なくともこの要素をもった先生に会話授業を受持ってもらえた事で
授業が楽しいと思えるようになりましたからねconfident

『日本で勉強してからいざイタリアへsign01と考えている方が
いらっしゃいましたら、
まずは短期でいきなり来てみるのもお勧めしますsign03
きっと何か掴んで帰国できますよ。
語学がもちろん出来る事にこしたことが無いのは事実ですが
経験も大事だと考えます。

苦労もありましたが、楽しくそして
素晴らしい留学生活を送れました。

今回は終了しましたが、まだイタリア生活も語学も始まったばかりsign03
語学はじっくり焦らずsign01コツコツ進めていきます。

GRAZIE MODENA! ARRIVEDERCI!

学校最終日です_1

3/12(金)sun77Kg・歩行数12234歩・消費カロリー460Kcal

1_4
学校に行く前に、ある方と逢う約束をドゥオモ前でしていたので
向かっている途中、何とsign01スト発見eye
2_4
【Sciopero(ストライキ)】があるのは以前から知っていた。
(バス停やバス内で掲示されていた)が何のストか?
知らなかった。実際に見ても分からなかったcoldsweats01
見物してるおじさんに聞いてみたけど、
4
『シンダコが何とか・・・』って言っていたけど良く分からないです。
3 
誰と逢ってきたのかと言うと、以前ここでご紹介させてもらった
【イタリア連帯の星騎士】青木純さん←クリック
ご厚意でモデナ在住の家族を紹介して頂きました。
お陰様で、嫁さんの夢が一つ叶ったわけです。
イタリア郷土料理を教えて貰ったのと、
お逢いできたことの感謝の気持ちにプレゼントを渡す為に
約束をしました。
ストライキの影響でSig.ra駐車場を探すのに時間がかかったそうです。
お呼び立てして申し訳ないですdespair
Photo
合流にBARで一服しました。
まず、なぜ嫁さんがいないのか?を聞かれましたcoldsweats01・・・
その他、モデナでの就職活動について話て
履歴書を見てもらいましたhappy01
Photo_2
Sig.raから帰り際に『前に逢った時よりイタリア語が分かる
様になったし、あなたも喋れる様になったわねhappy01

『また戻ってくるでしょ?何時?連絡しなさいよ』
ありがたいです。何とも言えない嬉しさがこみ上げて来ますhappy01

2010年3月11日 (木)

Faenza紹介_2

Faenza・ファエンツァの紹介続きです。

今回は、観光が目的で訪れた訳では無かったのでリサーチ
していないです。
街の地図も持っていないので途中の新聞屋さんで買う事にした。
しかし、おじさんが『これならお金は要らないよ』と市が配布
している地図をくれた。
優しいけど商売っ気の無い所がちょっと心配coldsweats01売らなくて良いの?

7
ファエンツァの中央広場を望みます。
お昼休みでお店のほとんどは休憩中・・・

8
到着した時間が悪かった。と言うか諸事情で出発が遅れた
事に原因がある・・・その事情とは次の機会に説明をsweat01

9
よってドゥオモ内も見学が出来なかった・・・
スミマセン(誰に誤ってんだろ?)

10
もらった地図には建物名が記載されていないのです・・・
なので何の建物かさっぱり分からずcrying
ホント観光でも何でもないです。
ふらーと寄っただけです。

より以前の記事一覧