2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

イタリア滞在許可申請

2010年3月12日 (金)

滞在許可書(permesso di soggiorno)

イタリアの滞在許可証の手続きから受け取りまで
申請から取得までの期間 : 2009.10~2010.1

モデナ滞在の私たちの場合ですが、手続きの手順はどこも
同じかもしれませんconfident
同じクエストゥーラ内でも受け取りまでの手順が違いますのでcoldsweats01
私たちの経験や友人の経験も交えて書いています。

【必要なもの】
収入印紙
発行手数料
送料

郵便局で滞在許可証を申請するためのキットをもらいます。
まず、郵便局(為替郵便局)の窓口へ行き整理券を取ります。
どの窓口の整理券かというとAMICO
のマークのついた
場所の整理券を取ります。

郵便局で貰った申請書類に必要事項を記入し、パスポートの
全ページのコピーやクレジットカードのコピーなど一式揃えます。

それからTABACCHERIAで収入印紙を購入します。
注意!!封筒は封をしないで郵便局に持って行きます。
窓口の局員が不備がないか確認をしてくれますので

窓口はと同じAMICOの窓口です。
整理券を取り順番を待ちます。ここで残りのお金を支払います。
窓口でクエストゥーラの予約日時が印刷された用紙と、
3枚つづりのホッチキスで留めた領収証?を貰いますので
どちらも大切に保管してくださいthink
クエストゥーラで提出することになります。

予約の日時にクエストゥーラへ行き、まずは整理券を取ります。

予約の時間が分刻みで書いてありますが、整理券順に
手続きをするので、早めに行って整理券を取ってもOKでした。
待ち時間はその時により違いますが、数時間待つことも多々
ありますので、時間を潰せる何かを持っている良いです。
ちなみにフィレンツェは8時間待ちだとかcoldsweats02
私たちは待ち時間に宿題をしたり、買い物に出たり
(近くにipercoopという大きなスーパーがあった)していました。
Photo

もしかしたら、郵便局から提出した申請一式を紛失され
『書類がないから今日は出来ない』←私の場合

別の人は、行った時間が遅い時間で『明日来て!』と言われる
ことがあったそうですcoldsweats02
その場で正式な予約をするわけじゃないので、
鵜呑みにして次の日(もしくは別の日)に行くと
『なぜ予約の日に来なかった?』となります。
そして、予約の取り直しをしてからまた来るようにと。
理不尽ですが自分の言ったことを当然忘れていますshock

もし上記のようなことがあったら『どこで予約を取るのか?』
を必ず確認することをお勧めします。
(地図を持っていればその場所に印をつけて
                   もらうことができるのでお勧めです)

私たちの場合、予約の場所は郵便局ではなくCOMUNEでした。
事務所も部署によって場所が分散されているので、
場所や部署を知らないと探すのも一苦労になりますbearing
1

もしくは、予約ではなく後日来れば良いのなら
そのことを書面に書いてもらいサインを貰うことがベストです。
私たちは
『書類が届いていないから○月○日○時○分に
私のところへ来なさい』
と言われたので、
用紙にも書いてもらい指定の日時に
行ったら本人は窓口不在でした。
(他の職員とずっとおしゃべりをしていました)
でも、書いてもらっていたので窓口の他の人に見せて
説明し事なきを得た感じです。(片言でしたが)

順番が来たら郵便局で渡された予約日時の
書かれた用紙とパスポート、写真など
(私達は念のため書類の予備を持って行きました)必要なもの
を窓口の人に渡します。

全ての指の指紋を取りちょっとした質疑応答
(初めての申請かどうかなど)があり終了です。
この時に、ペルメッソを受け取れる日時の書いた書類をもらうか、
もしくは自分で予約してから来なさいとなります。
自分で予約をする場合は、上記に書いたCOMUNEの‘と’ある部署
(何ていう部署か知りませんが)での予約でした。
私たちの場合は、クエストゥーラの人から
『1ヵ月後にCOMUNEに行き受け取りの予約をしてください』
と言われました。
1ヶ月後に指定された場所へ行き予約を取ろうとしましたが、
窓口の人に『ペルメッソがまだ出来ていないから』とのことで
1週間後にまた来るように言われました。
2

そして1週間後に無事クエストゥーラの予約を取ることが出来ました。

注意sign03郵便局でもらった3枚ホッチキスで留めた領収証
の様な紙は大切に持っていてください

ペルメッソの代わりの役目を果たすのか?
いわゆる『半券』と言われるものです。

受取日当日、必ず受け取れる保証もないので
(何が起こるかわからない)気長に待つつもりでクエストゥーラへ行き
宿題をしながら時間を潰しつつ順番を待ち、
ペルメッソが届いていないということも無く
無事に手続きが終了しました。

申請から3ヶ月目にして無事に手にすることが出来ました。

2010年1月17日 (日)

PERMESSO DI SOGGIORNO(滞在許可証)

1/14(木)cloud78kg・歩行数9391歩・消費カロリー381.2kcal

授業が終わり、しばしの休憩後バスでQuestura(警察署)に行く。
なぜなら→
理由はこちらに
かれこれここには、2回訪れていますが何度も
顔を出したくないところですねthink
しかし行かなければいけない所・・・

Photo
滞在許可証の受け取りには予約が必要で、
今日がその指定日です。警察署の前には行列が出来ており
その多さに怯みましたcoldsweats02
整理券をもらい例のごとく待ちます。恐らく3時間コース・・・
電光掲示板と整理券の番号を照らし合わせるとsign03
230人ほど私達の前に待っている人がいる事になりますbearing
建物内はごった返しているので外のベンチに座り宿題を進める。

宿題が一段落した頃に再度番号確認に行くと、あと100余人・・・
そろそろ中で待つ事にした。
時計の針は17:00ちょっと回ったぐらい。来たのは15:30頃
17:40過ぎになると急に番号の進みが速くなってきました。
もしや!これは例の『早く帰りたい病』が発生したのでは?
好都合です

1
ジャーン!無事指定日に【滞在許可証】をもらう事ができました!
嫁さんは親切な?愛想の良いおじさんにもらったそうです。
ペルメッソの入っていたケースも貰った。

私が行った窓口の担当者は疲れ果てたのか?嫌々感丸出し!
カードを”ポーイ” と捨てるかのように渡されました。おまけに
ケースも無し・・・(別に要らないけど)
『相変わらずだねぇ。そんな態度じゃ良い仕事したと言えないよ!』

2
これが
【PERMESSO DI SOGGIORNO】
         (滞在許可書)

なかなか立派です
申請用紙が幾分高価でも納得できます。
(私の申請用紙は紛失されましたけどね・・・)

3
カードサイズです。
(大きさ比較の為にパスポートと比べています)

4
カード表面には角度を変えると、数種類に絵が変化する
ホログラムも施されています。

5
upは嫁さんのペルメッソ滞在許可日は今年の5/11まで。

6 
upは私のペルメッソ・・・滞在許可日は
2011/5/11までsign01
この違いは何なんでしょうcoldsweats01一度帰っても学生なら
また長期滞在できる?

基本的にイタリア人はみんな親切ですが特にModena市民は
親切だと思います。
初めてのイタリアでModenaを選択出来た事は嬉しいかぎりです。

2009年11月16日 (月)

イタリアの公務員って・・・

前回のQuestura(警察)から1週間以上経過し、指定の日に再度

Questuraに訪れ滞在許可書の申請に行った。

前回、この警察署の言い分では

『まだあなた達の書類は届いていない』とのこと。

そして担当の”感じの悪いオバハン”が言うには

オバハン:『14:30に私の所にきなさい。』

私:『直接ここに?番号札は?』

オバハン:『いいから私の所へきなさい!』

その言い方にカチンimpactときた私は、わざと

私:『次回来る時はパスポートは要るのか?』

(ま、片言イタリア語ですがねぇ)

オバハン:嫌そうな顔して聞き直してきた(あぁ~?って感じで)

その顔見てさらにカチンときたsign01

『まぁ、とにかくここに来たらええねんやろが!』風に一応は

言ってみた。そして問題のこの日、担当の”オバハン”いません・・・

14:00に着き念のために整理券をもらっておく。

14:30になってもまだ問題のオバハン来ませんsign01

15:00前にやっと現れて、すぐにオバハンの所へ行き、前回の

書類を見せた。

オバハン:『番号は?』おまえ、自分で言うたこと忘れんな!

って思いながら、番号札取っておいて良かったと内心思った。

そして、オバハンは仕事に戻らずにいつも受付にいる男と

楽しそうに喋ってる。

みんな、、、待っているんだけど?何十人も待ちぼうけ。

そんなのおかまいなしに仕事をさぼり、

おしゃべりをし煙草を吸いに外に出て、

またおしゃべりに夢中。

窓口に戻ることはなかった・・・

進み具合が悪いので、恐らく自分たちが呼ばれるまで

1時間以上掛ると思い、

近くのショッピングセンターで買い物してから再度、

窓口の電光掲示板を覗こうと考えた。

そして1時間後に訪れると、自分達の番号が呼ばれるまで

あと4人だったgood

あのオバハン。。。まだ窓口に戻っていない・・・

順番が来た!優しそうなおじさんでホッ。

最初に嫁さんが申請して、指紋まで取って順調に終了happy01

私の番です。

担当のおじさんが書類を探して帰ってきたが、

警:『君のはここには無い。』

私:『夫婦で一緒に出した!書類も全部揃えて郵便局から出した』

警:『OK分かった。でも無いんだよ』

警:『オリジナルはどこにある?家にあるかい?』

私:『家にある!』

警:『今すぐ持ってきなさい。すぐに!』

あぁ~sign02腑に落ちないけど仕方が無いから、一旦家に帰り

パスポートほかカードのコピー類を持ってまた警察署まで・・・

Photo_10 

担当になったおじさんは親切な方だった。

書類とパスポートを渡しコピーもおじさんが自分で取ってくれた。

ちなみに前回は、自分たちでコピーさせられた。

警:『10分待って』だって。

どうやら滞在許可申請を進めてくれるらしい・・・

申請に必要な書類が郵便局から届いてないのに?

申請できるんだ?ちょっとビックリです。

『ホントは自分たちで無くしてるんじゃないのか?』と疑いたくなる。

イタリアの郵便事情で無くなることは日常茶飯事だそうです。がsign01

個人情報の書類を無くすのはどうなんですか?イタリア人?よ?

2009年11月 3日 (火)

滞在許可書は?何処へ~

今日はQuestura(警察署)【イタリアの警察は4種類あるそうで、

任務ごとの警察の名称?が違う様です。】

Permesso(滞在許可書)を取りに行く日でしたので、授業が終わり

家で昼食をとり、Bicicletta(自転車)で警察署まで行ったbicycle

Questra

番号札をもらって待たされること2時間crying

ちなみに、待ち時間2時間は早い方です。

フィレンツェからの転校生?は8時間待たされたらしいです。

予約書、証明写真、パスポートetc窓口に提出。

担当のおばさんが、ちょーAntipatico(不愉快なやつ)でした。

マシンガンイタリア語で、聞き直すと嫌な顔するし

挙句に『今、ここには無いから11/11の14:30にまた来なさい』

2時間待たされて結局これか・・・

Sigにこの話をすると、

『明日、行ってあげるよ。知り合いがいるからgood

コネがあると結局何でもありなんでしょうか・・・?

話は変わりますが、警察署にも街中にも【中国系】の人々が

目立ちます。どこにでもいますなぁ~。

モデナで聞いた話ですが、中国人に間違われてるとお店に

行っても態度が違うらしいです。日本人だと分かった途端に

店員の態度が変わるそうです。それもどうかと思いますが、

中国人?アジア系?は評判悪い様ですね?