2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

DIARIO イタリア留学の記録

  • 2009.10.09~2010.03.14イタリア留学記録 イタリア留学に関する記録と日々の出来事の記録 仕事や趣味はたまた修業などの記録などを紹介

スペイン

2010年12月 7日 (火)

スペインふりかえり

スペイン旅行に行ったのはカレコレ4年前airplane
飛行機の乗り継ぎもあり15時間ぐらい乗っていたでしょうか。
疲れますが、それなりに楽しみました。

往路の成田空港⇒ドゴール空港間では、横に座っていた
お爺さんは3列シートの通路側。
もともとは嫁さんの席だったんですが、お爺さんは我々が新婚旅行
だと分かったのか?どうかは分かりませんがsweat01
『窓側の席と通路側を席を交代してあげる』と言ってきた。
個人的には通路側が良いんですが・・・・
これがトラップだったんですよねぇ~shock

お爺さん大量の資料や本を出して(山盛り状態)
トイレに立つのにも一苦労・・・
だったら窓側で良かったんじゃないの?と思ってしまうが、
お爺さんなりに気を使ってのことでしょうから・・・

長い時間一緒にフライトしていると何かと話すもので、
どうやらお爺さんはどこかの大学の教授だそうで、時折
生徒が顔を見せに来ておりました。
国は忘れましたが、学会の発表会に行くところだったそうです。

私の仕事の内容にも興味を持って頂き話せる範囲での
話をした記憶があります。

復路のドゴール⇒成田空港間の機内では、ほとんどの
乗客が寝静まっている中、我々夫婦は席を立ち後方に行き
つまみ食いしたりストレッチしたりで時間潰し。
途中、嫁さんと客室乗務員は話をしていました。

ここでも日本人の客室乗務員から衝撃の一言がsign01
『日本へはお仕事で行かれるんですか?』
また間違われてる?

俺しゃべんなかったらスペイン人に間違われる?
日本にいても沖縄の方ですか?って間違われるし・・・
やっぱ顔が濃い~からですかねぇ?

それはそれで置いといて、嫁さんが窓の外にオカシナもの
発見eye
なんとsign01それは
オーロラでしたheart02オーロラ鑑賞ツアーに行ってもなかなか
見れるものではないと聞いていましたが、
空の上から見ることができたのは本当にラッキーでした。

思い出深い旅になりました。

2010年12月 6日 (月)

スペイン旅行5~6日目

スペイン旅行5日目と6日目は
トレド観光→マドリッド着(プラド美術館)→ホテル着
6日目もマドリッド終日自由行動
Photo
だったんですが・・・この時は写真をそんなに撮っていな
かったようで、あまりネタがありませんcoldsweats01
世界三大美術館のプラド美術館は館内撮影禁止でした。
Photo_2
その後は免税店巡りをしてみたり
クリスマス前の市内を見て回ったり
_2
ここマドリッドには【レアルマドリッド】のホームスタジアムがあります。
_3 
市内のイルミネーション見物で3時間ぐらいは
費やしたでしょうか。BARに入って軽く食事したり
散歩中に現地の人から現地人に間違われたり・・・sweat01

_4
確かに現地のガイドさんに
『この中でスリの被害が無さそうなのは・・・ご主人ですね』
って言われました。こうも付け加えていましたが!
『現地で住んでる留学生に見えるから、被害は無いと思います』
このセリフ通りになったのはこれから4年後のイタリア留学

_5
このイルミネーションは音楽が流れて、♪も光っていました。
どこかで聞いたことある曲なんですが~思い出せない・・・
前世で聞いたことあるのかも?

2010年12月 2日 (木)

トレド観光

スペイン旅行もいよいよ佳境に入ってきました~
5日目の午前中はトレドの町を観光してまいりました。

Pict0010
トレド全景を撮影できるスポット
いつもは人でごった返すのに、この時も人がほとんどいなくて
絶好の撮影タイミングでした。ラッキーscissors

Pict0011
添乗員さんも驚いていましたよ~
『今日は綺麗に撮影できますよ
私たちが撮影&観光が済んで出発するころには
他の観光客がゾロゾロっと・・・・
タイミングが良かった~

Pict0016

街のいたるところにこんな感じのお店があります。
記念に皿を数枚買って帰りました。

Pict0029

トレド大聖堂も観光して来ました。
Pict0030
ゴシック様式の大聖堂
中に飾られている絵画には『十二使徒』などがありました。

Pict0018 
『笑っている聖母マリアはここにしかない』と現地ガイドが
説明していましたが、そうなのかなぁ?
顎を触られている聖母マリアはここにしかない?では???
失礼しましたsweat01

Pict0028

2010年12月 1日 (水)

ラ・マンチャのランチ

4日目のランチはラ・マンチャ地方の郷土料理

Cimg4145

Cimg4147
チキンシチューrestaurant
ここの料理はおいしかったなぁ~
日本よりの味だったような気がしましたが・・・

Cimg4148
名前も知らない(忘れたcoldsweats01)デザートです。
スープは甘く、例えるなら
溶けたバニラアイスを飲んでいる様な感じかなぁ~sweat01

ドン・キホーテ

4日目の次なる観光場所はコルドバから260Km移動
ラ・マンチャ地方
P1020129
実はうちの嫁さん過去にバレエを習っていたそうで
その時にドン・キホーテの題材で踊ったことがあるらしく
それで思い入れがあり、この旅に決まったわけですが・・・
P1020127
バレエやってたんだよねぇ~catface
実際に写真も残っているから信じているけどねぇ~
今は・・・っぷsmile
P1020126
事故が無ければバレエ留学をしていたろうに
事故を起こした相手をよく許したものだなぁ・・・
慈悲深い?
P1020125
もし留学していたら・・・出逢っていなかっただろうなぁ~ 
っていう様なことをこの丘でも思っていたんすよぉ

P1020134
たしか、ここでもお土産屋のおっちゃんに話しかけられていた
嫁さん・・・スペイン人に大好評なようです
happy01
P1020135
 

2010年11月30日 (火)

花の小径

スペイン旅行4日目の日程は
コルドバ→ラ・マンチャ地方→トレド泊
P1020096
花の小道からメスキータを望む撮影スポットcamera
アンダルシア州コルドバ県にあるユダヤ人街の人気
観光スポット【花の小径】
P1020100
P1020101_2
白壁に花の鉢が飾られた観光スポット
静かな場所でしたよ~
P1020104
路地のあちこちには当たりまえの様に
オレンジの木が植えてあり実もちゃんと実っていますがsign01
食べるのはお薦めしません・・・
P1020110
【メスキータ】
モスクですがレコンキスタ後はキリスト教の聖堂となっています
P1020122 
イスラムとキリストの融合?いや改装ですなthink

 

2010年11月29日 (月)

フラメンコショー

スペイン旅行3日目セビーリャ観光が終わって
宿泊先のコルドバまで、またまたバス移動(137Km)bus
P1020084
そして今回の旅のメインである(個人的に)フラメンコショーhappy01
タブラオにてお酒を楽しみながら
ギターにダンスも楽しめます。
P1020085
ギター奏者のお二人は親子です。
ダンスする方々も家族、親戚で代々続いているそうですよ~
P1020086
男性ダンサーの足技は圧巻でしたgood
ギターのおじさんもそのダンスを見て楽しそうに
演奏していたのを今でも思い出します。
P1020088
左端のおじさんに嫁さんは休憩時間に
話しかけられたそうです・・・
『日本人?東京!新宿!』どうやらゼスチャーからして

『俺、日本行った!新宿に行った!』みたいな感じだったそうです。
P1020092
日本にもタブラオあるから余裕できたら
行ってこよーhappy01

2010年11月28日 (日)

3日目ランチ

スペイン旅行3日目の食事の紹介
Cimg4099
3日目のランチ。セビリアで食べた
白身魚のグリル

Cimg4101
とっ・・・・これは何だったかなぁ~
4年前のことで忘れてますねぇsweat02
Photo
これは覚えてます。
かぼちゃのスープです。

スペイン料理を食べていて感じたことは
全体的に味がうすい・・・塩と醤油が欲しくなってくる
感じでしたが、それは普段塩分の取りすぎが原因かも?
いまスペインに行き同じ料理を食べると4年前とは違った
味に思えるのかなぁって思いますね。

塩分控えめにsign03

2010年11月27日 (土)

スペイン広場

3日目の次なる観光場所はスペイン広場
(Plaza de España)

P1020070
ここも観光客が少なくゆったりと観光できましたよ。

P1020072

offシーズンにスペイン観光して当たりだったかも?

P1020068
スペイン各県で起こった出来事が描写された
壁面タイル絵が あちこちに設置されています。
Photo
P1020071

P1020073
たぶんこのあたりの絵はレコンキスタを
表しているんだと思います。

セビーリャ観光

スペイン旅行3日目の行程は
ミハス→セビーリャ観光→コルドバ泊というスケジュール。
P1020066

ホテル・ミハスからバスで移動約213Kmの大移動です。
4時間ほどバスで移動ですが、運良く大型バスに乗っているのは
10人程度で車内はゆったり広々と使えました。
Photo_2
おまけにsign01
満開のひまわり畑も見ることができました。(ゴッホのひまわり)
12月で外は寒いのに、何回も来てる添乗員さんも驚いてた。
ある意味・・・・奇跡?

_2_2

セビーリャに到着し向かった先はセビーリャ大聖堂
とヒラルダの塔
1400年頃から建設が始まり、1600年頃に完成したそうです。

_3
ここセビーリャは闘牛やフラメンコの本場だそうです。
私事、フラメンコギター大好きなんですよねぇ~
聞くこと限定ですがsweat02将来的にはチャレンジしてみようと
考えていますが、いつになるかなぁ?

_1_2
大聖堂内
ここにはコロンブスの墓があり、嘘か本当か?
『コロンブスの左足の骨が納められている』って
言っていた様な・・・

P1020078
ヒラルダの塔から街を眺めたところ

P1020080
さすが闘牛の本場 ?たぶん闘牛場だと思いますが・・・
違うのかな?

そう言えば昔の話で、闘牛が行われた翌日には
その闘牛の肉が売られていたそうですよ。

より以前の記事一覧